• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 Aブランド 』 内のFAQ

169件中 31 - 40 件を表示

4 / 17ページ
  • Aタップでの推奨加工深さ

    加工深さ2Dまでを推奨します。 ▽参考資料:Aタップシリーズ 詳細表示

    • No:598
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • カテゴリー: A-SFT
  • AT-2の使い方と工具仕様の関係

    高硬度鋼用底刃付きスレッドミルのAT-2は左刃仕様(=工具左回転で使う)になります。 ( 工具左回転 + ダウンカット )でご利用ください。 ・ 底刃付きスレッドミル AT-2に関する質問一覧 ・ FAQトップページに戻... 詳細表示

    • No:7848
    • 公開日時:2020/09/02 15:51
    • 更新日時:2021/05/19 14:28
    • カテゴリー: AT-2
  • AD-2D、AD-4D 外部給油での汎用超硬ドリル

    AD-2D、AD-4Dがございます。 ・最新のEgiAs(イージアス)コーティング採用!   高い切削条件で過酷な状況下でも長寿命が得られます。 ・抜群の切りくず排出性!   切りくずを細かく分断するウェーブ刃形   切りくず排出性を向上させるワイド溝   Eg... 詳細表示

    • No:789
    • 公開日時:2019/02/28 09:27
    • 更新日時:2020/01/23 14:43
    • カテゴリー: AD ・ADO
  • Aタップシリーズとは?<Aタップ>

    Aタップは、強靭な母材に、さらに、耐熱耐摩耗性に優れたVコーティングを施した次世代のタップです。溝形状も、より排出性に優れた仕様となり、切りくずトラブルに大きな効果がございます。30HRC以下の幅広い被削材に対応します。 ▽参考資料:幅広い被削材と、幅広い切削条件で使えるAタップシリーズ 詳細表示

    • No:624
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/16 16:53
    • カテゴリー: Aタップ全般
  • A-SFT ショートチャンファタイプ

    対応被削材から見ると、A-SFTショートチャンファタイプは、SUSも対応しております。 ただし、A-SFTとEX-SC-SFTでは、形状仕様が異なる部分がございますので注意が必要です。 A-SFTショートチャンファタイプは、EX‐SC‐SFTより食付き長さの許容差が長めにとってあります... 詳細表示

    • No:587
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/12/23 11:39
    • カテゴリー: A-SFT
  • フラットドリルADFシリーズでのセンタリング

    ADFLSのようなロングシャンクタイプでは穴位置精度を高めるため、予め工具径よりも大きなセンタリングが有効です。 ▽参考資料: ADFLS-2Dのセンタリング 詳細表示

    • No:814
    • 公開日時:2019/02/28 09:27
    • 更新日時:2019/03/20 10:34
    • カテゴリー: ADF・ADFO
  • ADO-SUSドリルとEX-SUSドリルの違い

    大きな違いは、工具材質です。 ADO-SUSドリルシリーズは超硬で内部給油仕様。 内部給油が使用可能で、高能率加工をお求めのお客様におすすめです。 EX-SUSドリルシリーズはハイス材で外部給油仕様です。 切れ味重視のの刃先で、12~15m/min前後の切削速度でも... 詳細表示

    • No:796
    • 公開日時:2019/02/28 09:27
    • 更新日時:2020/09/18 11:00
    • カテゴリー: ADO-SUS
  • Aタップのシンクロ機能付きの機械での使用<Aタップ>

    使えます。 15m/minを超える条件においてはシンクロ機能付きの機械での使用をお勧め致します。 また、シンクロ機能付きの機械にてAタップをご利用でしたら、Aタップの耐久性能を大きくのばすことができるタップホルダ「シンクロマスター」をおすすめ致します。 ▽参考資料... 詳細表示

    • No:622
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2021/02/18 16:20
    • カテゴリー: Aタップ全般
  • Aタップの通り穴加工<Aタップ>

    ポイントタップでは、穴の途中で切削を止めると、切りくずが穴内部につながったままになります。その状態でタップが逆転時に引き込んで、刃先を傷めたのが原因です。この場合、タップはA-SFTが有効です。A-POTをおすすめするのは、ねじが完全に下穴を貫通する加工の場合のみです。 詳細表示

    • No:616
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • カテゴリー: A-POT
  • Aタップ、CC-SUS-SFTとの違い

    どちらも不等リード溝を採用していますが、主にSUS向け刃型のCC-SUSと異なり、AタップはSUSへの適応とともに軟鋼~30HRCまで対応できる汎用性刃型のタップです。▽参考資料:Aタップシリーズ 詳細表示

    • No:605
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • カテゴリー: A-SFT

169件中 31 - 40 件を表示