• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 ドリル 』 内のFAQ

158件中 1 - 10 件を表示

1 / 16ページ
  • ドリル再研機

    既に販売を終了しておりますドリル研削盤「RDG-13」「RDG-32」「XT3000」のメンテナンス終了のお知らせをさせて頂きます。 受注受付終了日:2017年12月末日 (交換用砥石は継続して販売致します) ※過去販売しておりました「XDG-12」「XDG-32」も同様の対応とさせて頂きま... 詳細表示

    • No:964
    • 公開日時:2019/02/28 12:59
    • 更新日時:2019/04/10 11:24
    • カテゴリー: ドリル研磨機
  • 総合カタログADO-SUSの条件表

    ADO-SUSの新製品カタログから、各規格ごとの材種より鋼種Noを確認し、条件をご参照ください。 または、下記リンクからもご確認いただけます。 ▽参考資料: ステンレスの鋼種No一覧表 詳細表示

    • No:960
    • 公開日時:2019/02/28 12:59
    • 更新日時:2019/03/20 10:07
    • カテゴリー: ADO-SUS
  • ドリル研磨機XT3000のマニュアルがほしい

    使用方法などの参考の為に、下記よりXT3000のマニュアルをご参照いただけます。 ただ、ドリル研磨機はすでにサポートが終了している製品となります。 ホイールを除く、部品等の供給ができませんので、ご了承下さい。 ▽参考資料:XT3000マニュアル ▽参考資料:ドリル研磨機のホ... 詳細表示

    • No:953
    • 公開日時:2019/02/28 12:59
    • 更新日時:2019/04/10 11:25
    • カテゴリー: ドリル研磨機
  • ドリル研磨機の砥石を注文するためには?

    table { border-collapse: collapse; } td { border: solid 2px; padding: 0.5em; } ドリル研磨機の砥石は、現在でも注文可能です。 在庫や価格は、別途お見積もり下さい。 機種名:Sシャープナー ... 詳細表示

    • No:949
    • 公開日時:2019/02/28 12:59
    • 更新日時:2019/04/10 12:56
    • カテゴリー: ドリル研磨機
  • ドリルの再研磨の順番

    一般的な場合、2番→3番→シンニングの順番です。 小径のように剛性が無いドリルになると、シンニング→2番→3番で行うことがあります。 詳細表示

    • No:947
    • 公開日時:2019/02/28 12:59
    • 更新日時:2019/04/10 12:59
    • カテゴリー: ドリル研磨機
  • Sシャープナーの砥石はまだある?

    砥石の取り扱いは、ございます。 オーエスジーのツールNoを下記にご紹介致します。 在庫状況に関しては、お見積もりにてご確認下さい。 CBN118°用砥石・・・ツールNo.68590 Xシンニング用砥石・・・ツールNo.68596 (2017年5月現在) 詳細表示

    • No:946
    • 公開日時:2019/02/28 12:59
    • 更新日時:2019/04/10 13:00
    • カテゴリー: ドリル研磨機
  • 太径ドリル加工において、下穴加工は必要か?

    機械馬力が充分なら、下穴は不要です。 無垢の状態からの穴あけを推奨致します。 詳細表示

    • No:939
    • 公開日時:2019/02/28 12:58
    • 更新日時:2019/03/27 14:51
    • カテゴリー: ドリル全般
  • RDG-13の超硬ドリルの研磨

    お奨めできません。 モーターの軸強度が足りません。(ハイス用に作られています。) 乾式では研削焼け等問題がでます。 詳細表示

    • No:933
    • 公開日時:2019/02/28 12:58
    • 更新日時:2019/04/10 13:01
    • カテゴリー: ドリル研磨機
  • MQL(ミスト)での深穴加工

    ドリル深穴加工では潤滑性より冷却性を重視いたします。 冷却性が無いと切りくずが塑性変形を起こし延びてしまいます。 粒子の細かいMQLが冷却性が高く、逆に粒子の粗いものは潤滑性が良いですが冷却性は劣ります。 また、圧力は2MPa以上でないと切りくずが排出されません。 ... 詳細表示

    • No:920
    • 公開日時:2019/02/28 12:58
    • 更新日時:2019/03/27 14:52
    • カテゴリー: ドリル全般
  • ドリル溝長の選択

    ドリルの種類ではなく溝長が折損原因と思われます。 FT‐GDS、SUS‐GDSとも加工深さ25mmに対して溝長は25ミリです。 一般的にドリルの有効加工深さは溝長-1.5D(D=工具径)となります。 従ってFT‐GDS、EX-SUS‐GDSとも有効加工深さは18.5mmと... 詳細表示

    • No:919
    • 公開日時:2019/02/28 12:58
    • 更新日時:2019/03/27 14:52
    • カテゴリー: ドリル全般

158件中 1 - 10 件を表示