• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 ドリル 』 内のFAQ

91件中 1 - 10 件を表示

1 / 10ページ
  • ドリル再研機

    既に販売を終了しておりますドリル研削盤「RDG-13」「RDG-32」「XT3000」のメンテナンス終了のお知らせをさせて頂きます。 受注受付終了日:2017年12月末日 (交換用砥石は継続して販売致します) ※過去販売しておりました「XDG-12」「XDG-32」も同様の対応とさせて頂きま... 詳細表示

    • No:964
    • 公開日時:2019/02/28 12:59
    • 更新日時:2019/04/10 11:24
    • カテゴリー: ドリル研磨機
  • ドリル研磨機XT3000のマニュアルがほしい

    使用方法などの参考の為に、下記よりXT3000のマニュアルをご参照いただけます。 ただ、ドリル研磨機はすでにサポートが終了している製品となります。 ホイールを除く、部品等の供給ができませんので、ご了承下さい。 ▽参考資料:XT3000マニュアル ▽参考資料:ドリル研磨機のホ... 詳細表示

    • No:953
    • 公開日時:2019/02/28 12:59
    • 更新日時:2019/04/10 11:25
    • カテゴリー: ドリル研磨機
  • ドリル研磨機の砥石を注文するためには?

    table { border-collapse: collapse; } td { border: solid 2px; padding: 0.5em; } ドリル研磨機の砥石は、現在でも注文可能です。 在庫や価格は、別途お見積もり下さい。 機種名:Sシャープナー ... 詳細表示

    • No:949
    • 公開日時:2019/02/28 12:59
    • 更新日時:2019/04/10 12:56
    • カテゴリー: ドリル研磨機
  • ドリルの再研磨の順番

    一般的な場合、2番→3番→シンニングの順番です。 小径のように剛性が無いドリルになると、シンニング→2番→3番で行うことがあります。 詳細表示

    • No:947
    • 公開日時:2019/02/28 12:59
    • 更新日時:2019/04/10 12:59
    • カテゴリー: ドリル研磨機
  • Sシャープナーの砥石はまだある?

    砥石の取り扱いは、ございます。 オーエスジーのツールNoを下記にご紹介致します。 在庫状況に関しては、お見積もりにてご確認下さい。 CBN118°用砥石・・・ツールNo.68590 Xシンニング用砥石・・・ツールNo.68596 (2017年5月現在) 詳細表示

    • No:946
    • 公開日時:2019/02/28 12:59
    • 更新日時:2019/04/10 13:00
    • カテゴリー: ドリル研磨機
  • 太径ドリル加工において、下穴加工は必要か?

    機械馬力が充分なら、下穴は不要です。 無垢の状態からの穴あけを推奨致します。 詳細表示

    • No:939
    • 公開日時:2019/02/28 12:58
    • 更新日時:2019/03/27 14:51
    • カテゴリー: ドリル全般
  • RDG-13の超硬ドリルの研磨

    お奨めできません。 モーターの軸強度が足りません。(ハイス用に作られています。) 乾式では研削焼け等問題がでます。 詳細表示

    • No:933
    • 公開日時:2019/02/28 12:58
    • 更新日時:2019/04/10 13:01
    • カテゴリー: ドリル研磨機
  • MQL(ミスト)での深穴加工

    ドリル深穴加工では潤滑性より冷却性を重視いたします。 冷却性が無いと切りくずが塑性変形を起こし延びてしまいます。 粒子の細かいMQLが冷却性が高く、逆に粒子の粗いものは潤滑性が良いですが冷却性は劣ります。 また、圧力は2MPa以上でないと切りくずが排出されません。 ... 詳細表示

    • No:920
    • 公開日時:2019/02/28 12:58
    • 更新日時:2019/03/27 14:52
    • カテゴリー: ドリル全般
  • ドリル溝長の選択

    ドリルの種類ではなく、加工深さに対して、そのドリルの溝長が短い事が折損原因と思われます。 ドリルは切りくずを排出しながら進んでいきます。 切りくずはドリルの溝を通って、外に排出されます。 切りくず排出のために、出口の部分を確保しておく必要があります。 FT-GDS、EX-S... 詳細表示

    • No:919
    • 公開日時:2019/02/28 12:58
    • 更新日時:2020/01/08 09:52
    • カテゴリー: ドリル全般
  • ステップ可否

    薄板ですし、加工深さから考えてもステップは不要とします。逆にステップを入れてしまうと穴の中でこすりが増えて加工硬化が生じる場合がありますので、避けられた方が長寿命となります。 詳細表示

    • No:887
    • 公開日時:2019/02/28 12:58
    • カテゴリー: ドリル全般

91件中 1 - 10 件を表示