• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 タップ 』 内のFAQ

207件中 1 - 10 件を表示

1 / 21ページ
  • インサートねじ用タップの下穴径<インサート・ヘリサート>

    インサートねじ用タップ一覧表がございます。 古いカタログには、一部サイズで載っていないものがございますので 下記リンクにてご確認ください。(こちらには掲載がございます。) 参考資料 :  インサートねじ用タップの下穴径一覧表 インサートねじ用の切削タップ ・EX-HL-SFT ... 詳細表示

    • No:503
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/17 14:37
    • カテゴリー: タップ全般
  • オーバサイズのタップとは?<タップ>

    いわゆる「オーバサイズ」のタップをお使い頂く事になります。 ※JISハンドブックの表記では、「オーバーサイズ」でなく、「オーバサイズ」となっております。 カタログにおけるタップの精度表記で、ピンクに識別された「STD」というのがスタンダードの意味で、2級めねじ相当適応のタップの推奨精度です。 下... 詳細表示

    • No:511
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/17 14:22
    • カテゴリー: タップ全般
  • タップ加工の送り速度算出法

    回転数×ピッチにて送り速度(F)が算出出来ます。 ▽参考資料:  タップ送り速度の求め方  詳細表示

    • No:634
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/17 14:15
    • カテゴリー: 切削条件
  • ガスタップとは?

    管用ねじ用タップ全般をさします。Rc、Rp、G(現JIS規格)、PT、PS、PF(従来JIS規格)がありますので、加工するねじの種類を確認下さい。 詳細表示

    • No:491
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • カテゴリー: タップ全般
  • マシンタップとは?

    マシンタップという表現には様々な解釈がありますので注意が必要です。 国内では以下のいずれかであるケースが多いです。 ナット加工専用機械で使われる“ナットタップ”(品名記号=NT)を指す 手加工ではなく機械加工主体という意味で“スパイラルタップ(品名記号=SFT)”や“ポイントタッ... 詳細表示

    • No:1846
    • 公開日時:2019/05/09 13:53
    • カテゴリー: タップ全般
  • UNFとUNJFの下穴の違い

    違います。航空宇宙用UNJFの方が内径(下穴)が大きく設定されています。 参考資料 :   ユニファイねじ下穴表 UNFとUNJF  詳細表示

    • No:467
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/03/20 15:36
    • カテゴリー: タップ全般
  • タップ下穴深さの考え方

    下穴の深さを考える場合、有効ねじ深さ+食付き部長さ(不完全ねじ長さ)+突出しセンタ長さ+1ピッチ分の余裕を見込んで、下穴深さを設定されることをお勧めしています。 ▽参考資料:  タップ下穴深さ  詳細表示

    • No:487
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/03/20 14:48
    • カテゴリー: タップ全般
  • OH精度

    所定のめねじ精度を満足させる為に、階段式に精度を設定し、作業条件に合わせてタップの精度を選定出来るような、オーエスジー独自のタップ精度方式を言います。 ▽参考資料:  OH精度について  詳細表示

    • No:501
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/17 14:40
    • カテゴリー: タップ全般
  • シンクロタップとは?

    1回転に1ピッチ強制的に送る事が出来る、完全リード送り機構がついた機械専用のタップを言います。 同期、リジットなどと表現する事もあります。 又、Aタップは、一般的な機械でもシンクロ機能のついた機械でもどちらでも使って頂けるタップになります。 ▽参考資料: Aタップ ▽参考資料:  高速シン... 詳細表示

    • No:488
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/17 14:48
    • カテゴリー: タップ全般
  • NRTとHRTの違いは?

    共にめねじを塑性変形にて形成する、切りくずが排出されない溝なしタップとなります。 ニューロールタップはねじ部を研削で仕上げているのに対し、ハイロールタップは転造で仕上げています。 ハイロールタップは価格を安価で製作できますが、コーティングをする事は出来ません。 詳細表示

    • No:579
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/17 11:07
    • カテゴリー: ロールタップ

207件中 1 - 10 件を表示