• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 Aタップ全般 』 内のFAQ

24件中 1 - 10 件を表示

1 / 3ページ
  • A-TAPの特長は?

    タップ加工では刃先の寿命は進んでいなくても、切りくずの噛みこみなどで急な折損が起こりうる工具です。そのため、種類の選定、切削条件、切削油など、うまく切りくずを排出させるために都度、加工に合わせて工具を用意をしなくてはいけませんでした。 A-TAPの強みは「抜群の切りくず排出性能」です。 それを... 詳細表示

    • No:4478
    • 公開日時:2019/12/13 16:59
    • 更新日時:2020/03/11 09:34
  • Aタップの切削条件<Aタップ>

    こちらは設備環境に応じた幅広い条件対応が可能という意味合いです。 切削速度15m/min以上の切削速度でのご使用にあたっては、同期送り機構つきの加工機をご使用ください。 ▽参考資料:さまざまな加工環境に対応するAタップシリーズ 詳細表示

    • No:619
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/16 16:55
  • プリハードン鋼のタッピング<Aタップ>

    Aタップシリーズは30HRCまでの硬さに対応しますがプリハードン鋼のように40HRC以上の高硬度材にはCPMシリーズのような被削材の硬度に対応した工具を推奨致します。 難削材用タップシリーズ ・ハンドタップ CPM-HT(~45HRC) ・スパイラルタップ CPM-S... 詳細表示

    • No:615
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/12/06 10:14
  • Aブランドとは?

    The Tooling Master Class  モノづくりのプライド Aブランドはお客様が簡単に工具管理を行なえるように、多種多様な被削材や加工条件で優れた機能を発揮する万能切削工具を提供することを目的としています。 Aブランドは、その種類を増やし、市場の新たな要求にかなった提... 詳細表示

    • No:4493
    • 公開日時:2019/12/13 17:44
    • 更新日時:2021/02/18 16:28
  • Aタップでのドライ加工

    油性切削油や水溶性エマルジョンタイプはOKですが、それ以外の潤滑性の乏しい水溶性油種やドライ加工は推奨できません。▽参考資料:Aタップ加工事例 詳細表示

    • No:595
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
  • Aタップシリーズとは?<Aタップ>

    Aタップは、強靭な母材に、さらに、耐熱耐摩耗性に優れたVコーティングを施した次世代のタップです。溝形状も、より排出性に優れた仕様となり、切りくずトラブルに大きな効果がございます。30HRC以下の幅広い被削材に対応します。 ▽参考資料:幅広い被削材と、幅広い切削条件で使えるAタップシリーズ 詳細表示

    • No:624
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/16 16:53
  • Aタップのシンクロ機能付きの機械での使用<Aタップ>

    使えます。 15m/minを超える条件においてはシンクロ機能付きの機械での使用をお勧め致します。 また、シンクロ機能付きの機械にてAタップをご利用でしたら、Aタップの耐久性能を大きくのばすことができるタップホルダ「シンクロマスター」をおすすめ致します。 ▽参考資料... 詳細表示

    • No:622
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2021/02/18 16:20
  • Aタップでのアルミ加工

    切りくず処理性能が優れますので、従来コーティングタップよりも向きます。 アルミ加工がメインの場合はアルミ専用タップをお勧めします。 ▽参考資料:Aタップシリーズ 詳細表示

    • No:599
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/17 10:58
  • AタップのSUSへの対応<Aタップ>

    Aタップは一般的なSUS304やSUS410等のステンレスの加工は可能です。一部、時効処理後の析出硬化系ステンレスや2相ステンレスには、難削材用のCPMタップシリーズをお勧め致します。 ▽参考資料:Aタップシリーズ 詳細表示

    • No:626
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/16 16:52
  • Aタップ、推奨加工範囲

    SS、S45C、SUS は推奨ですが、FCのみ推奨外です。 切りくずがつながり、30HRC以下の硬度の材料で使用可能です。 切削条件も従来品と比べ幅広く対応している為、様々な加工機でご利用いただけます。 ▽参考資料:Aタップシリーズ 詳細表示

    • No:601
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2021/06/10 18:17

24件中 1 - 10 件を表示