• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 ワーク材料 』 内のFAQ

37件中 1 - 10 件を表示

1 / 4ページ
  • ステンレスの下穴加工での注意点(タップの耐久)<SUS>

    下穴加工に超硬ドリルを使用すると、下穴表面が加工硬化を起こす場合があります。 加工硬化によって、その後のタップ加工の寿命が低下します。 ステンレス用ハイスドリルでは加工硬化が起こりにくいです。 また、超硬ドリルであっても、内部給油のステンレス用であれば、加工硬化を少なく下穴が加工... 詳細表示

    • No:348
    • 公開日時:2019/02/25 16:48
    • 更新日時:2019/03/27 16:55
    • カテゴリー: SUS
  • ステンレスの加工硬化とは?<SUS>

    加工硬化のメカニズム 例えば新品の布団はフカフカです。 しかし長い期間使っていると綿が圧縮されて硬くなってしまいます。 これと同じような現象が金属の組織内で起こると考えてください。 金属組織も当初は原子が規則正しく並んでいます。 その並びが曲げられたり擦られたりすると、崩れてより組織が詰まって凝縮さ... 詳細表示

    • No:1118
    • 公開日時:2019/03/15 16:49
    • 更新日時:2019/03/15 16:53
    • カテゴリー: SUS
  • チタン加工におけるタップ選定のポイントは?<耐熱合金>

    チタンには純チタン(チタン2種など)とチタン合金(Ti-6Al-4Vなど)の二種類があります。まず、純チタンの場合、被削材硬度が高くないので切れ味の良いステンレス用タップまたはAタップをお薦めいたします。チタン合金の場合は、被削材硬さが30HRCを超えるものが多いため、難削材用のCPMタップシリーズやチタン合金用... 詳細表示

    • No:373
    • 公開日時:2019/02/25 16:55
    • 更新日時:2019/03/28 15:47
    • カテゴリー: 耐熱合金
  • 特別なステンレス<SUS>

    代表的なものでご紹介させて頂きます。 SUS304 オーステナイト系ステンレス。加工硬化を起こしやすく、溶着も起きやすい材質です。 切削抵抗も大きく、工具の寿命も短くなりやすい。 また、ロットによって性質のばらつきが多い材種でもあります。 SUS329(2相ステンレス) オーステナイト系と... 詳細表示

    • No:341
    • 公開日時:2019/02/25 16:48
    • 更新日時:2019/03/27 17:08
    • カテゴリー: SUS
  • ステンレスの下穴径は?(径の管理)<SUS>

    切り屑が伸びやすく切削熱がこもりやすいステンレスは、規格内において最大径を実寸で管理することが、耐久UPトラブル防止になります。程度には差がありますが、ステンレスは超硬ドリルで下穴をあけると縮小する傾向にあります。切れ味の鋭いステンレス用ハイスドリルでは、拡大する傾向にあります。使用するドリルの傾向を考慮し、狙う... 詳細表示

    • No:347
    • 公開日時:2019/02/25 16:48
    • カテゴリー: SUS
  • インコネルへの穴あけ

    超硬であれば、内部給油仕様でWXSコートにより長寿命を実現した「WHO55-5D」をお奨めします。ハイスであれば、調質鋼用粉末ハイスドリル、「VPH-GDS」、「VPH-GDN」、「VPH―GDR」をお奨めします。 ▽参考資料:穴加工・ねじ加工工具 総合カタログ ※総合カタログを「表示する」からご... 詳細表示

    • No:379
    • 公開日時:2019/02/25 16:55
    • 更新日時:2019/03/28 15:16
    • カテゴリー: 耐熱合金
  • チタン材料におけるエンドミルの選定は?<耐熱合金>

    チタン材料は熱伝導率が小さく、局所的に温度が上昇しやすい傾向にあります。工具への影響として、摩耗が進行しやすいです。チタンの切削抵抗は変動が大きく、工具欠損の原因になりやすいです。オーエスジーでは、チタン合金に対して有効なエンドミルがございます。例として、UVXシリーズ。NEOシリーズ等。純チタンに対しては、SU... 詳細表示

    • No:381
    • 公開日時:2019/02/25 16:55
    • 更新日時:2019/03/28 14:52
    • カテゴリー: 耐熱合金
  • 加工硬化してしまった下穴にステンレス用タップは使用できるか?<ステンレス>

    ステンレス用タップでは、0.1~0.2ミリ硬化層がありますので加工出来ません。 CPMシリーズやVPシリーズがおすすめです。 詳細表示

    • No:352
    • 公開日時:2019/02/25 16:48
    • 更新日時:2019/03/27 16:46
    • カテゴリー: SUS
  • 耐熱合金の切削条件<耐熱合金>

    耐熱合金は熱伝導率が低く、切りくずに熱がうつりにくい性質を持ちます。そのため、刃先に熱が残りやすいので、熱によるトラブルが発生しやすいです。対策として、熱の発生を抑える低めの切削速度が有効です。ただし、送り量に関しては必要以上に条件を落とすと加工硬化を誘発させてしまう為、注意が必要です。 詳細表示

    • No:386
    • 公開日時:2019/02/25 16:55
    • カテゴリー: 耐熱合金
  • ステンレス用の超硬ドリル

    はい、ございます。 高い切削条件で使用しても「安定した加工」と「工具の長寿命化」を実現した「ADO-SUSシリーズ」ドリルをお選び下さい。 ▽参考資料: ステンレスとチタン合金に最適「ADO-SUSシリーズ」超硬ドリル 詳細表示

    • No:359
    • 公開日時:2019/02/25 16:48
    • 更新日時:2019/03/27 16:41
    • カテゴリー: SUS

37件中 1 - 10 件を表示