• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 ワーク材料 』 内のFAQ

36件中 1 - 10 件を表示

1 / 4ページ
  • ステンレス鋼の種類 SUS304 SUS329 SUS630

    代表的なものでご紹介させて頂きます。 SUS304 オーステナイト系ステンレス。加工硬化を起こしやすく、溶着も起きやすい材質です。 切削抵抗も大きく、工具の寿命も短くなりやすい傾向にあります。 また、ロットによって性質のばらつきが多い材種でもあります。 SUS32... 詳細表示

    • No:341
    • 公開日時:2019/02/25 16:48
    • 更新日時:2023/04/04 14:51
    • カテゴリー: SUS
  • ステンレスに推奨のエンドミルには、どんなものがある?

    マシニングセンタで使用する場合、標準的な30°のねじれ角より、強いものがお薦めです。 超硬エンドミルではAE-VMS、NEO-PHSなど、ハイスエンドミルでは、V-XPM-EHSなどです。 汎用機でお使いいただく場合と薄板加工の場合、強ねじれではありませんが、超硬エンドミルではWXLシリーズ、ハイスエ... 詳細表示

    • No:351
    • 公開日時:2019/02/25 16:48
    • 更新日時:2023/02/01 15:03
    • カテゴリー: SUS
  • チタン材料におけるエンドミルの選定と加工の特徴は?<耐熱合金>

    チタン材料は熱伝導率が小さく、局所的に温度が上昇しやすい傾向にあります。工具への影響として、摩耗が進行しやすいです。チタンの切削抵抗は変動が大きく、工具欠損の原因になりやすいです。オーエスジーでは、チタン合金に対して有効なエンドミルがございます。例として、UVXシリーズ。NEOシリーズ等。純チタンに対しては、SU... 詳細表示

    • No:381
    • 公開日時:2019/02/25 16:55
    • 更新日時:2022/05/13 15:03
    • カテゴリー: 耐熱合金
  • SUSへのタップ寿命低下対策 下穴加工の見直しをする際の注意点とは?

    加工硬化に注意しましょう。 ステンレス鋼は加工硬化しやすい材質です。下穴の加工硬化によって、その後のタップ加工の寿命が低下します。 よくある原因① 下穴加工に一般鋼向けの汎用超硬ドリルを使用 切れ味が一般鋼向けで、かつ、超硬ドリル条件の高速回転による高い熱がステンレスの加工硬化を起こしや... 詳細表示

    • No:348
    • 公開日時:2019/02/25 16:48
    • 更新日時:2022/05/07 11:44
    • カテゴリー: SUS
  • 通常のSUS用タップではどれくらいの有効ねじ長さを加工できる?どれくらいか...

    通常のSUS用のタップでは、スパイラルタップ・ポイントタップともに、ねじ径の1.5~2倍の深さまでの深さが対象です。 それ以上の長さの場合は、深穴用の仕様をおすすめ致します。 ▽参考資料:SUS用深穴タップ 詳細表示

    • No:346
    • 公開日時:2019/02/25 16:48
    • 更新日時:2022/07/13 14:04
    • カテゴリー: SUS
  • インコネルへの穴あけ

    時効処理をした40~45HRCのNi基超耐熱合金(インコネル718など)への穴加工の場合、超硬であれば、内部給油仕様でWXSコートにより長寿命を実現した「WHO55-5D」をお奨めします。 ハイスであれば、調質鋼用粉末ハイスドリル、「VPH-GDS」、「VPH-GDN」、「VPH―GDR」をお奨めします。 ... 詳細表示

    • No:379
    • 公開日時:2019/02/25 16:55
    • 更新日時:2022/05/18 09:00
    • カテゴリー: 耐熱合金
  • ステンレスの加工硬化とは?<SUS>

    加工硬化のメカニズム 例えば新品の布団はフカフカです。 しかし長い期間使っていると綿が圧縮されて硬くなってしまいます。 これと同じような現象が金属の組織内で起こると考えてください。 金属組織も当初は原子が規則正しく並んでいます。 その並びが曲げられたり擦られたりすると、崩れてより組織が詰まって凝縮さ... 詳細表示

    • No:1118
    • 公開日時:2019/03/15 16:49
    • 更新日時:2019/03/15 16:53
    • カテゴリー: SUS
  • チタン加工におけるタップ選定のポイントは?<耐熱合金>

    チタンには純チタン(チタン2種など)とチタン合金(Ti-6Al-4Vなど)の二種類があります。まず、純チタンの場合、被削材硬度が高くないので切れ味の良いステンレス用タップまたはAタップをお薦めいたします。チタン合金の場合は、被削材硬さが30HRCを超えるものが多いため、難削材用のCPMタップシリーズやチタン合金用... 詳細表示

    • No:373
    • 公開日時:2019/02/25 16:55
    • 更新日時:2022/08/25 17:51
    • カテゴリー: 耐熱合金
  • 耐熱合金加工におけるハイスドリル選定のポイントは?<耐熱合金>

    インコネルやハステロイ等のNi基合金の加工に際し、それぞれの種類や切削加工時の状態で、工具を選定する必要があります。 ハイスドリルでは、時効処理(熱処理)前のものや時効処理を行わないものにはEX-SUS-GDSなどのステンレス用ドリル。時効処理後の硬質の耐熱合金には、調質鋼用粉末ハイスドリルVPH-... 詳細表示

    • No:376
    • 公開日時:2019/02/25 16:55
    • 更新日時:2019/09/20 08:50
    • カテゴリー: 耐熱合金
  • EX-GDRにてステンレス加工条件

    一般用ドリル「EX-GDR」でステンレスを加工するのは推奨しません。 本来ステンレスを加工する場合、「EX-SUS-GDR」をご紹介しますが、まずはそのステンレス用ドリルの加工条件切削速度X0.6を御参考に加工下さい。 詳細表示

    • No:357
    • 公開日時:2019/02/25 16:48
    • 更新日時:2023/03/30 09:19
    • カテゴリー: SUS

36件中 1 - 10 件を表示