• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 スレッドミル(ヘリカルねじ加工) 』 内のFAQ

43件中 1 - 10 件を表示

1 / 5ページ
  • NCプログラム作成ソフト

    弊社HPより「ねじ切りフライス専用NCプログラム」から作成ソフトをダウンロードし、ご対応下さい。 ▽参考資料:ねじ切りフライス専用NCプログラム ※PCにてご利用いただけるThreadPro(スレッドプロ)というものと、Excelにてお使いいただけるNCプログラム作成ツールがございます。 ま... 詳細表示

  • プラネットカッタ用プログラム作成ツール ThreadPro(スレッドプロ)...

    ダウンロードからインストールまでの手順をまとめた資料がございます。 これから、プラネットカッタをご利用される方にも、ご紹介ください。 全2ページとなります。 ▽参考資料:「スレッドプロのインストール方法」 詳細表示

  • WX-PNC メートルねじのおねじ加工<プラネットカッタ>

    WX-PNCなどのソリッドタイプのメートルねじ用プラネットカッタは、めねじ専用工具のため推奨していません。 メートルねじでは、インサート交換式にて、おねじ加工用インサートがございますので、そちらを選択することで、プログラムを出すことができます。 詳細表示

  • WX-PNCでステンレス加工

    WX-PNCにてステンレス加工は本来推奨外ですがどうしても行ないたい場合は切削速度20~40mm/min、1刃当たりの送り量0.01~0.06mm/tにてお試し下さい。可能であれば、スチール用プラネットカッタ「WX-ST-PNC」をご用意下さい。 詳細表示

  • プラネットカッタとは?

    マシニングセンタの3軸同時ヘリカル補完機能を使い、めねじ加工を行う工具です。 「ねじ切りフライス」や「スレッドミル」と呼ばれる場合もございます。 ~特長~ ①ピッチが同じであれば、異なる径や、右ねじも左ねじの加工も1本で可能です。 ②ねじ寸法(精度)の調整が容易です。 ③低馬力の機械... 詳細表示

  • Rcのめねじの形が不良<プラネットカッタ>

    ホルダにつけるインサートの方向が逆になっている可能性があります。 インサートの表面を「L」ではなく「R」にして下さい。 ホルダの型番の末尾に「LH」とつくものは、左回転工具用です。 その際は「L」が見えるようにインサートを取り付けてください。 ▽参考資料: 管用テーパねじ加工のチップ取り付... 詳細表示

  • RPRG(工具半径オフセット値の参考値)<プラネットカッタ>

    RPRGとは、加工に必要な「工具半径オフセット値の参考値」となります。 2014年11月生産分よりシャンク部に値が刻印されています。 最初にお試しいただきたい工具半径値です。 その数値を入力する事で、補正作業を軽減する事が出来ます。 ※管用テーパねじ用プラネットカッタの工具径補正値は、工具... 詳細表示

  • プラネットカッタで平行おねじ加工<プラネットカッタ>

    一体型は全てめねじ加工用です。チップ交換式タイプにておねじ加工用チップが有ります。めねじとおねじは山の切り取り高さが異なる為、共有は出来ません。 詳細表示

  • 工具径補正値<プラネットカッタ>

    工具径補正値とは、工具半径を入力する補正値です。 おまちがいなく。 また、入力方法について下記Q&Aをご参照ください。 ▽参考資料:工具径補正値 詳細表示

  • 工具径補正値の調整の仕方<プラネットカッタ>

    工具径補正値は、機械が認識する工具径です。 機械はその数字により目的の加工径にするために工具を移動させるので、 有効径をより大きく加工したい場合は工具径補正値を小さくすることで、 機械がより大きく工具を動かします。 詳細表示

43件中 1 - 10 件を表示