• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 A-POT 』 内のFAQ

4件中 1 - 4 件を表示

1 / 1ページ
  • Aタップの通り穴加工<Aタップ>

    ポイントタップでは、穴の途中で切削を止めると、切りくずが穴内部につながったままになります。その状態でタップが逆転時に引き込んで、刃先を傷めたのが原因です。この場合、タップはA-SFTが有効です。A-POTをおすすめするのは、ねじが完全に下穴を貫通する加工の場合のみです。 詳細表示

    • No:616
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
  • A-POT S50C 耐久データ

    他社品の場合は2965穴で通りゲージOUTに対し、従来品は3916穴にて折損、A-POTは4947穴にて損傷大に至りましたが、大きな寿命向上が得られました。 ▽参考資料 : 耐久データ 詳細表示

    • No:592
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
  • A-POT(エンドミルシャンク) S50C 耐久データ

    従来品が4554穴に対し、エンドミルシャンクの場合は6510穴と約1.5倍の耐久性が確認出来ました。 ▽参考資料: 耐久データ 詳細表示

    • No:589
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/03/22 11:38
  • A-POTについて

    エンドミルシャンクはh7を採用し、通常のタップシャンクと比べて約1/3の公差に設定し、高精度加工に対応しています。 詳細表示

    • No:586
    • 公開日時:2019/02/26 18:10

4件中 1 - 4 件を表示