• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 選定・条件 』 内のFAQ

45件中 1 - 10 件を表示

1 / 5ページ
  • 55HRCのタップ加工

    お勧め出来ません。 マシニングセンタを使用頂く事が必要であり、それ以外の機械では欠けが発生する可能性が有ります。 ▽参考資料:  高硬度鋼用超硬タップ  詳細表示

    • No:538
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/03/20 16:20
    • カテゴリー: 工具選定
  • タップ加工の送り速度算出法

    回転数×ピッチにて送り速度(F)が算出出来ます。 ▽参考資料:  タップ送り速度の求め方  詳細表示

    • No:634
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/03/22 16:20
    • カテゴリー: 切削条件
  • 熱可塑性樹脂の深穴タップ加工<樹脂>

    切れ味があり、切りくず排出性のある「SUS‐DH‐SFT」が推奨です。下記のリンク先より、製品記号からご検索頂くと、参照する事が出来ます。※製品検索はコチラから 詳細表示

    • No:552
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • カテゴリー: 工具選定
  • チタンへのタップ加工

    純チタンであれば、EX-SUSシリーズ。チタン合金であれば、チタン合金用(V-TI~)タップをお奨めします。 詳細表示

    • No:534
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • カテゴリー: 工具選定
  • マグネシウム合金へのタップ加工条件

    目安として、切削速度10m/min前後とお考え下さい。尚、ねじ立て深さは2D以下をお薦めします。 詳細表示

    • No:633
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • カテゴリー: 切削条件
  • ガラスエポキシ樹脂のタッピング<樹脂>

    EX-PLA-HT または OTT がお奨めです。下記のリンク先より、「製品記号」から上記の製品記号を入力して、ご検索頂くと、参照する事が出来ます。※製品検索はコチラから 詳細表示

    • No:551
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • カテゴリー: 工具選定
  • EX-IRT 1/8PT アルミ加工条件

    本来、EX-IRTはステンレスにご紹介しているタップです。アルミ合金にはご紹介していませんので、アルミ用V-AL-TPTを御検討下さい。切削速度5m/min~ をお薦めしています。 詳細表示

    • No:631
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • カテゴリー: 切削条件
  • 熱可塑性樹脂のタップ選定<樹脂>

    切れ味の高いステンレス用工具をお奨めいたします。 止まり穴の加工で、スパイラルタップなら、「 EX-SUS-SFT 」が代表的です。なお、溝なしタップでは、熱可塑性樹脂が加工後に変形する為、お奨め致しません。 詳細表示

    • No:550
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • カテゴリー: 工具選定
  • タフラム処理のさらえ加工<タップ>

    A2017に対するタフラム被膜硬度はHv200が上限です。手加工でさらえる場合はHT#3を使用してください。タップの自己案内性がカギとなります。 詳細表示

    • No:549
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • カテゴリー: 工具選定
  • ねじ長の長いタップが必要

    スパイラルタップは、EX-SFTシリーズ等、仕様変更によりねじ長が短くなっております。ハンドタップなど、ねじ長をご確認の上、ご利用する事をおすすめ致します。 詳細表示

    • No:548
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • カテゴリー: 工具選定

45件中 1 - 10 件を表示