• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 選定・条件 』 内のFAQ

44件中 1 - 10 件を表示

1 / 5ページ
  • タップ加工の送り速度算出法

    回転数×ピッチにて送り速度(F)が算出出来ます。 ▽参考資料:  タップ送り速度の求め方  詳細表示

    • No:634
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/17 14:15
    • カテゴリー: 切削条件
  • 台形ねじタップ

    特殊品の対応となります。 詳細表示

    • No:536
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • カテゴリー: 工具選定
  • 太径タップ切削条件

    カタログに掲載しています。M30と大径ですので切削速度8~10m/minで様子をみてください。 詳細表示

    • No:632
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • カテゴリー: 切削条件
  • ハステロイC22(硬さ有り)へのタップ加工

    時効処理済みであれば、硬度がある程度入っている状態となり、本来NI基超耐熱合金用「NI-SFT」をお奨めしたいのですが、M12までの取り揃えとなりますので、CPM-SFT M16×2をお奨めいたします。 詳細表示

    • No:525
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • カテゴリー: 工具選定
  • 溶融亜鉛めっき用タップ

    別名どぶ付けめっきとも呼ばれます。めっき厚が厚いので、標準品での取り揃えがございません。 詳細表示

    • No:524
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • カテゴリー: 工具選定
  • マグネシウム合金へのタップ加工

    刃先がシャープでアルミ合金に適する工具を目安に選定下さい。例えば、超硬ハンドタップ「OTT」、ダイキャスト用ハンドタップ「EX-DC-HT」などお選び下さい。加工時の注意点として、高温時に材料粉末や切りくずが発火しやすい点、水と反応して不安定な水素ガスが発生しやすい点があります。よって、微小切込みや高速切削、乾式... 詳細表示

    • No:532
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • カテゴリー: 工具選定
  • EX-IRT 1/8PT アルミ加工条件

    本来、EX-IRTはステンレスにご紹介しているタップです。アルミ合金にはご紹介していませんので、アルミ用V-AL-TPTを御検討下さい。切削速度5m/min~ をお薦めしています。 詳細表示

    • No:631
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • カテゴリー: 切削条件
  • タフラム処理のさらえ加工<タップ>

    A2017に対するタフラム被膜硬度はHv200が上限です。手加工でさらえる場合はHT#3を使用してください。タップの自己案内性がカギとなります。 詳細表示

    • No:549
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • カテゴリー: 工具選定
  • スパークプラグ用タップ

    スパークプラグの規格ではM14S×1.25となります。JISB8031参照。 精度はOH4がその規格のものに入りますのでA-SFTのM14×1.25(STD+1)(=OH4)がそれに当たります。 M10S×1→OH3 M12S×1.25→OH4 M14S×1.25→OH4 ※1995... 詳細表示

    • No:540
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/17 14:00
    • カテゴリー: 工具選定
  • 等級6Hのタップ

    6HはISO導入後のJISめねじ精度で2級に相当するものです。 タップは2級用を狙いとした(タップ精度:STD)ものが使えます。 ただし、ゲージは2級と6Hの共用できません。 詳細表示

    • No:539
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/17 14:02
    • カテゴリー: 工具選定

44件中 1 - 10 件を表示