• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 切削条件 』 内のFAQ

4件中 1 - 4 件を表示

1 / 1ページ
  • 座ぐり用工具の使用方法

    Φ4.5の穴はザグリ加工でなくなってしまいますので、最初に座ぐり加工を行います。 Φ4.5を先にあけた場合、座ぐり加工で切りくずが伸びてしまいます。 詳細表示

    • No:739
    • 公開日時:2019/02/28 09:27
    • 更新日時:2019/03/27 14:49
  • ロングドリルをガイド穴に入れる際の回転数

    超硬やハイスに関わらず、目安として、500回転/分以下まで下げてください。 ▽参考資料: ハイスロングドリル「TDXL」の深穴加工 ▽参考資料: 超硬ロングドリル「ADO-15D~30D」の深穴加工のコツ 詳細表示

    • No:738
    • 公開日時:2019/02/28 09:27
    • 更新日時:2019/03/27 14:49
  • ドリル送り量

    ミリパーレボリューションの略で、1回転当りの送り量を意味しています。 詳細表示

    • No:737
    • 公開日時:2019/02/28 09:27
  • EX-H-DRL加工条件

    切削速度20~25m/min 回転あたりの送り量:0.01~0.05mm/min を目安に手送り加工でお試しください。 工具径Φ3では、回転数は2000~2500rpmとなります。 クーラントは必要です。 ▽参考資料: 折損タップ除去用ドリル 詳細表示

    • No:736
    • 公開日時:2019/02/28 09:27
    • 更新日時:2019/03/27 14:50

4件中 1 - 4 件を表示