• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 タップ 』 内のFAQ

248件中 161 - 170 件を表示

17 / 25ページ
  • EX-SFT 旧形状(ねじ長が長い)のスパイラルタップが欲しい 

    スパイラルタップは、一般用をはじめ、用途別などを含めて、仕様変更によりねじ長が短くなっております。 現在、標準在庫品では新形状のみとなります。 ねじ長が長いタップが必要な際は、ねじ長をご確認の上、ハンドタップなどをご利用する事をご検討いただきますようお願い致します。 詳細表示

    • No:548
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2022/07/13 13:54
    • カテゴリー: 用途から
  • さらえ用タップ

    めねじのさらえには、自己案内性の良いハンドタップの#3(食付き1.5P)をご使用下さい。 詳細表示

    • No:470
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2022/08/04 15:45
    • カテゴリー: 用途から
  • ねじ口元の倒れ

    フローティングタッパーを使用して加工後、タップを抜く際、タッパーの縮んだ分が解放され、口元のねじ山を奥に倒してしまう事で通リ側ゲージが入らなくなる場合があります。 対策 ・ホルダー圧縮ばねを強くする。 ・加工機械のシンクロ機能を使用する。 詳細表示

    • No:8217
    • 公開日時:2020/11/04 07:44
    • 更新日時:2021/11/11 14:07
    • カテゴリー: タップ基礎
  • 旋盤でのタップ加工

    同一条件で結構ですが、A-SFTで対応可能な材料硬度は30HRCまでとなります、硬度を確認の上、タップを選定下さい。 詳細表示

  • エンザートタップ

    弊社東部・中部・西部在庫センターでの取り扱い品です。流通へご照会下さい。 詳細表示

    • No:466
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • カテゴリー: 用途から
  • 管用テーパタップ TPTはステップ加工が出来るか

    タップでのステップ加工は、ドリルと違い切りくずがタップねじ部に噛みこむ為、 推奨しません。また、管用テーパタップでステップ加工を行う場合、一旦加工点から離れて、再度加工する際に接触する面積が大きく、振れなどの不安定な挙動を起こしやすくなってしまいます。そのため、管用テーパタップの加工はノンステップで加工することを... 詳細表示

    • No:8923
    • 公開日時:2021/04/22 07:33
    • カテゴリー: タップ基礎
  • タップの刃欠け対策

    ・お使いのタップの対応被削材をご確認下さい。(硬さへの対応) ・潤滑性の良い切削油を使っているか確認ください。 対策としては ・下穴を公差内で出来るだけ大きく開けてください ・切削油を不水溶性(油性)にしてください。 (水溶性油なら10倍よりも濃度を上げてください。) 詳細表示

    • No:8255
    • 公開日時:2020/11/09 07:30
    • 更新日時:2021/11/04 13:19
    • カテゴリー: タップ基礎
  • メートルねじ切削タップ下穴径

    詳細表示

    • No:8169
    • 公開日時:2020/10/28 13:36
    • 更新日時:2021/11/09 09:13
    • カテゴリー: タップ基礎
  • POTのステップ加工を推奨するか

    逆転時に切りくずがタップに噛みこんでしまう為、推奨しません。 これは、「下穴は貫通しているが、ねじが途中までのねじ加工においてポイントタップを使用すると切りくずが噛みこみを起こす」という場面と同様の現象が発生します。 参考FAQ : 下穴貫通でねじが途中までの加工 詳細表示

    • No:8012
    • 公開日時:2020/09/29 08:35
    • 更新日時:2021/06/16 13:31
    • カテゴリー: タップ基礎
  • 硬質クロムめっき後のタップ加工

    めっき後の硬さが62~63HRCになることから、VX-OTでも加工は厳しいです。 放電加工をおすすめ致します。 詳細表示

    • No:541
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2022/05/26 10:46
    • カテゴリー: 用途から

248件中 161 - 170 件を表示