• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 ロールタップ 』 内のFAQ

7件中 1 - 7 件を表示

1 / 1ページ
  • 溝なしタップ(転造タップ)の加工手順

    ・ 溝なしタップとは 溝なしタップの加工手順① 下穴加工 下記リンク先の下穴径を参考に、下穴加工を行います。 ・ 溝なしタップの下穴一覧表  ポイント ・切削タップとは、下穴径が異なりますのでご注意ください。 ・溝なしタップは、下穴のまわりから肉... 詳細表示

    • No:9593
    • 公開日時:2021/08/04 15:04
    • 更新日時:2021/11/09 09:53
  • ニューロールタップ(NRT)とハイロールタップ(HRT)の違いは?

    HRTは基本性能を備えた転造仕上げのタップでM6以下のサイズ限定となっているのに対し、NRTは研削仕上げのタップで工具母材・各種コーティング・用途別仕様・小径~大径の豊富な選択肢を展開しており多様な加工ニーズへの対応が可能です。 なおそれぞれの推奨下穴径は若干異なります。 詳細表示

    • No:579
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2021/10/26 13:08
  • RH精度とは?

    OSGの溝なしタップシリーズ(ニューロールタップ、ハイロールタップ)は、塑性変形によりめねじを加工する為、切削タップと異なった厳しい下穴管理が必要となり、それに従いタップの精度も厳しく設定してあります。OSGでは、公差12.7μmの階段状の精度を採用しています。 ▽参考資料:  ・ めねじ精度... 詳細表示

    • No:578
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2021/11/11 13:14
  • 転造タップの食付きを表す表現で、PとBがあるが、これは何?

    ニューロールタップ(NRT)には食付きの長/短が選択できる品目があります。 4Pは通り穴加工用でP(=Plug)、2Pは止り穴加工用でB(=Bottoming)と表します。 タップ食付き長さは加工後にそのままねじ奥で不完全ねじ長さとなって残ってしまうため止り穴加工では2Pを基本的に推奨します。 また、食付き... 詳細表示

    • No:580
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2020/11/17 13:45
  • めねじ精度とタップ精度(溝なしタップ:RH精度)

    めねじの精度を決める上で、タップの有効径は最も重要な品質特性の1つです。 通常、タップ精度で標準的に使用されるのはJISで規定されている2級ですが、タッピングされためねじはタップの等級と同じ精度が得られるとは限りません。これは、タップの仕様、被削材、使用条件等によって... 詳細表示

    • No:9858
    • 公開日時:2021/10/18 22:45
    • 更新日時:2021/10/19 11:55
  • 転造タップの再研磨

    転造タップは再研削出来ません。 詳細表示

    • No:571
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
  • 転造タップの食付き修正

    修正不可となります。 詳細表示

    • No:581
    • 公開日時:2019/02/26 18:10

7件中 1 - 7 件を表示