• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 管用タップ 』 内のFAQ

20件中 1 - 10 件を表示

1 / 2ページ
  • 一般用のSPT(PS)にて鋳物を加工。 耐久に不満。

    PS用タップは元々バリエーションが多くありません。 現品(新品)への追加工で被削材に合った表面処理をご検討下さい。 例として、FC加工へは窒化処理やTinコーティングが有効です。 詳細表示

    • No:654
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/17 11:31
  • CPM-TPTの山払いとは?

    CPM-TPTには加工深さの目安として、基準径位置から後ろ1刃山払い加工が施してあります。 基準径位置はあくまでも目安です。 目的はゲージが合格をすることですので、その位置を基準にして、調節することは必要です。 詳細表示

    • No:653
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/17 11:31
  • BSPTのめねじはPT用タップで共用可能ですか?

    BSPTとPTは、タップは「加工工具」なので共用可能です。 ただし、ゲージは規格を保証する「測定工具」であるため、共用はできません。 詳細表示

    • No:652
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/17 11:32
  • A-TPTの対応被削材

    基本的にはお勧めしておりません。CPM-TPTをお勧め致します。 詳細表示

    • No:651
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
  • 短ねじ管用タップ

    短ねじ型である事を表します。タップのねじ長、基準径位置までの長さが一般用と比べると短いタップを言います。 ▽参考資料 : テーパタップの形状 詳細表示

    • No:650
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/17 11:32
  • 従来JISと現行JISの工具共有

    切削工具の共有は可能。 但し、ゲージは図面指示通りの精度のゲージを使用します。 ▽参考資料: 管用ねじ用の工具 詳細表示

    • No:649
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/17 11:33
  • 米式管用ねじの違い

    NPTFは谷が浅く山が尖った形状。 お互いつぶし合って嵌め合い、シール材不要なねじとなります。 よって、NPTとNPTFでは工具の共有は出来ません。 ▽参考資料: アメリカ管用テーパねじ 詳細表示

    • No:648
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/17 11:34
  • インターラップ形

    インターラップ形と言い、加工中の切削抵抗など抑える役目を持つタップを言います。 特にステンレス加工に効果を発揮します。 ▽参考資料: インターラップタップ 詳細表示

    • No:647
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/17 11:34
  • PSとPF、タップの共有可否

    公差の設定が、基準径に対して違う(+方向と-方向)為、共有は出来ません。 ▽参考資料: 管用平行めねじの工具・ゲージ共有 詳細表示

    • No:646
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/17 11:35
  • PTねじテーパ角度

    1/16テーパとなり3°34′47″となります。 片側の勾配角は、0.5/16となるので、1°47′23″となります。 ▽参考資料: PT英式管用ねじ 詳細表示

    • No:645
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/17 11:36

20件中 1 - 10 件を表示