• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 その他 』 内のFAQ

11件中 1 - 10 件を表示

1 / 2ページ
  • 樹脂加工用タップ

    樹脂は、アクリル・塩ビなど「熱可塑性樹脂」と、フェノール・エポキシ樹脂など「熱硬化性樹脂」とに分けることが出来ます。熱可塑性樹脂には、切れ味の良いステンレス用の工具を、熱硬化性樹脂には、樹脂用のハンドタップ「EX-PLA-HT」をお選び下さい。 詳細表示

    • No:535
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/03/20 16:31
  • 熱可塑性樹脂の深穴タップ加工<樹脂>

    切れ味があり、切りくず排出性のある「SUS‐DH‐SFT」が推奨です。 下記のリンク先より、製品記号からご検索頂くと、参照する事が出来ます。 ※製品検索はコチラから 詳細表示

    • No:552
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/17 11:41
  • ガラスエポキシ樹脂のタッピング<樹脂>

    EX-PLA-HT または OTT がお奨めです。 下記のリンク先より、「製品記号」から上記の製品記号を入力して、ご検索頂くと、参照する事が出来ます。 ※製品検索はコチラから 詳細表示

    • No:551
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/17 11:42
  • ハステロイC22(硬さ有り)へのタップ加工

    時効処理済みであれば、硬度がある程度入っている状態となり、本来NI基超耐熱合金用「NI-SFT」をお奨めしたいのですが、M12までの取り揃えとなりますので、CPM-SFT M16×2をお奨めいたします。 詳細表示

    • No:525
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
  • 熱可塑性樹脂のタップ選定<樹脂>

    切れ味の高いステンレス用工具をお奨めいたします。 止まり穴の加工で、スパイラルタップなら、「 EX-SUS-SFT 」が代表的です。 なお、溝なしタップでは、熱可塑性樹脂が加工後に変形する為、お奨め致しません。 詳細表示

    • No:550
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/17 11:43
  • 熱可塑性樹脂加工へおすすめのタップ

    ステンレス用切削タップ「EX-SUSシリーズ」をおすすめします。 詳細表示

    • No:514
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
  • マグネシウム合金へのタップ加工

    刃先がシャープでアルミ合金に適する工具を目安に選定下さい。例えば、超硬ハンドタップ「OTT」、ダイキャスト用ハンドタップ「EX-DC-HT」などお選び下さい。加工時の注意点として、高温時に材料粉末や切りくずが発火しやすい点、水と反応して不安定な水素ガスが発生しやすい点があります。よって、微小切込みや高速切削、乾式... 詳細表示

    • No:532
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
  • 52~58HRC材へのタップ加工

    52~58HRC材への加工には、超硬高硬度鋼用ハンドタップ「VX-OT」となりますが、手立ては欠ける可能性が高く推奨はいたしません。 詳細表示

    • No:521
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
  • HRC硬度からの工具選定

    用途別の工具が無い場合や調質等により性質が変化している場合の工具選定においては、被削材硬さが1つの目安になります。 ドリルとタップの被削材硬度別選定表 ドリルやタップに限らず、エンドミル等においても同様です。対応被削材欄の焼き入れ鋼の箇所にHRC硬度別の対応目安がござい... 詳細表示

    • No:519
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2021/06/16 11:06
  • 熱硬化性樹脂加工へおすすめのタップ

    「EX-PLA-HT」をおすすめします。  ▽参考資料: 熱硬化性樹脂のタップ加工 詳細表示

    • No:513
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/11/20 08:49

11件中 1 - 10 件を表示