• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 用途から 』 内のFAQ

17件中 1 - 10 件を表示

1 / 2ページ
  • ねじ長の長いタップが必要

    スパイラルタップは、EX-SFTシリーズ等、仕様変更によりねじ長が短くなっております。 ハンドタップなど、ねじ長をご確認の上、ご利用する事をおすすめ致します。 詳細表示

    • No:548
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/17 13:57
  • 深穴加工にロングシャンクタップの使用は?

    深穴用とロングシャンクでは使用用途が異なります。 ロングシャンクは、加工部分の懐が深く届かない箇所、あるいは大型の機械で寄付きが制限されている場合に使用します。 深穴用タップは加工有効ねじが工具径の2倍を超えるような長いねじに使われます。 詳細表示

    • No:542
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/17 13:59
  • 硬質クロムめっき後のタップ加工

    めっき後の硬さが62~63HRCになることから、VX-OTでも加工は厳しいです。 放電加工をおすすめ致します。 詳細表示

    • No:541
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/17 14:00
  • スパークプラグ用タップ

    スパークプラグの規格ではM14S×1.25となります。JISB8031参照。 精度はOH4がその規格のものに入りますのでA-SFTのM14×1.25(STD+1)(=OH4)がそれに当たります。 M10S×1→OH3 M12S×1.25→OH4 M14S×1.25→OH4 ※1995... 詳細表示

    • No:540
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/17 14:00
  • 55HRCのタップ加工

    お勧め出来ません。 マシニングセンタを使用頂く事が必要であり、それ以外の機械では欠けが発生する可能性が有ります。 ▽参考資料: 高硬度鋼用超硬タップ 詳細表示

    • No:538
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/17 14:04
  • どぶめっき用タップ

    特殊品の対応となります。 ▽参考資料: OH精度について ヘリカル補間機能付きのマシニングセンタをお持ちでしたら、スレッドミルによるねじ加工もご検討下さい。工具径補正値の調整によって、オーバサイズに対応します。標準在庫品で加工が可能な場合があります。 ・ スレッドミル... 詳細表示

    • No:537
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2020/11/24 14:55
  • SFTとPOTの使い分け

    通り穴にはPOT形状を、止まり穴にはSFT形状をご紹介します。 詳細表示

    • No:531
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
  • 3/8のロングタップ

    3/8だけでは不十分です。ねじの規格を確認下さい。例えば、ユニファイUNCならEX-LTにてございます。 詳細表示

    • No:530
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
  • 切削タップでアンダーサイズ精度

    標準品ではございません。 詳細表示

    • No:528
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
  • M5X0.8 首下長いもの SFT

    深穴用EX-SST(スリムシャンクハンドタップ)で首下が24mmです。SFTではございません。 詳細表示

    • No:527
    • 公開日時:2019/02/26 18:10

17件中 1 - 10 件を表示