• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 Aブランド 』 内のFAQ

169件中 61 - 70 件を表示

7 / 17ページ
  • AE-LNBD-Nとは? 銅電極用DLC超硬エンドミル

    ・銅電極用DLC超硬エンドミル 高精度仕上げ用2刃ロングネックボールタイプです。 ・バリの抑制、正確なエッジ形状の確保、高品位な加工面の実現に有効です。 【主な特長】 ・ボール刃部 シャープな切れ刃、高精度ボールR設定、高品位な二番面粗さ ・外周部 過接... 詳細表示

  • AE-LNBD-Nを使う際の切削油の注意点は? 銅電極用DLCコートエンドミル

    基本的に『水溶性切削油』をお奨めします。 加工面・精度を重視する場合は『不水溶性切削油』をお使いください。 また、銅ワークは切削油剤の種類によっては変色することがありますので必ず切削油剤メーカの推奨するものをお選び下さい。 詳細表示

  • AE-VMFEの再研可否

    再研磨は可能です。 性能確保のため、再コーティングもあわせて推奨いたします。 再研磨・再コートをご希望の際は、商社様を通じて弊社営業所までお見積り下さい。 ・ 各種製品・サービスに関する価格・納期の見積書発行依頼をするには? ・ AE-VMシリーズの... 詳細表示

    • No:9337
    • 公開日時:2021/06/17 00:00
    • カテゴリー: AE-VMFE
  • S-XPF SCM440(35HRC) 内部給油での耐久データ

    M10X1.5 ねじ立て長さ20mmの加工事例にて、従来品外部給油では1穴であった所、他社品内部給油にて200~421穴の耐久に対し、OIL-S-XPFは2704~2950穴加工が可能でした。35HRCという材料硬度に対し、低トルク仕様の性能が大きく発揮されました。S-XPFの使用で、転造タップの加工領域が拡がり... 詳細表示

  • SUS304とS45Cの工具共有

    Aタップシリーズをご検討下さい。切削条件は加工材料によって、また使用する機械によっても使い分け下さい。 ▽参考資料 :   小径加工データ  ▽参考資料 :   切削条件基準表  詳細表示

    • No:590
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/03/22 11:35
    • カテゴリー: Aタップ全般
  • Aタップでの高速化加工

    切削速度15m/min以上の加工では同期送り機構付機械での加工を推奨します。▽参考資料:Aタップシリーズ(WEB講習会) 詳細表示

  • Aタップでのアルミ加工

    切りくず処理性能が優れますので、従来コーティングタップよりも向きます。 アルミ加工がメインの場合はアルミ専用タップをお勧めします。 ▽参考資料:Aタップシリーズ 詳細表示

    • No:599
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/17 10:58
    • カテゴリー: Aタップ全般
  • Aタップ、高硬度材加工

    30HRCまでの材料硬度に対応可能です。▽参考資料:Aタップシリーズ 詳細表示

  • Aタップ、生材と調質材の共用可否

    Aタップであれば生材から30HRCまでの加工に共用が可能です。 30HRCを超える硬度の被削材には、その硬さに相当したタップの選定が必要です。 ▽参考資料:Aタップシリーズ 詳細表示

    • No:602
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/17 10:57
    • カテゴリー: A-SFT
  • Aタップの使用メリット

    切りくず処理の優位性と、粉末ハイス母材の採用による長寿命化が期待できます。▽参考資料:Aタップシリーズ 詳細表示

169件中 61 - 70 件を表示