• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 ADO-SUS 』 内のFAQ

20件中 1 - 10 件を表示

1 / 2ページ
  • ADO-SUSドリルの刃欠け

    面取りも兼ねた90度の先端角のセンタリング後にADO-SUSドリルで加工しているが、刃が頻繁に欠ける。その刃欠けの改善方法は? ドリルが先端からでなく、肩から当たっているのが原因です。センタリングと面取りは別で行う方が好ましいです。センタリングはなるべくADO-SUSドリルの先端角に合ったもので行い... 詳細表示

    • No:803
    • 公開日時:2019/02/28 09:27
    • 更新日時:2022/06/09 11:33
  • ADO-SUSドリルとEX-SUSドリルの違い

    大きな違いは、工具材質です。 ADO-SUSドリルシリーズは超硬で内部給油仕様。 内部給油が使用可能で、高能率加工をお求めのお客様におすすめです。 EX-SUSドリルシリーズはハイス材で外部給油仕様です。 切れ味重視のの刃先で、12~15m/min前後の切削速度でも... 詳細表示

    • No:796
    • 公開日時:2019/02/28 09:27
    • 更新日時:2020/09/18 11:00
  • 総合カタログADO-SUSの条件表

    ADO-SUSの新製品カタログから、各規格ごとの材種より鋼種Noを確認し、条件をご参照ください。 または、下記リンクからもご確認いただけます。 ▽参考資料: ステンレスの鋼種No一覧表 詳細表示

    • No:960
    • 公開日時:2019/02/28 12:59
    • 更新日時:2019/03/20 10:07
  • ADO-SUS センタリング加工

    ADO、ADO-SUSシリーズでは、平面への場合、 または、加工深さが径の8倍以下の場合はセンタリングは必要ありません。 曲面などへの加工や、特に厳しい穴位置の指定がある場合には、先端角140°以上のセンタリングドリルをお使いください。 ▽参考資料:ADO-SUSシリーズ 詳細表示

    • No:810
    • 公開日時:2019/02/28 09:27
    • 更新日時:2019/03/27 14:01
  • ADO-SUS ステップ加工

    ADO-SUSシリーズにおいてSUSを加工する場合は、基本的にノンステップを推奨致します。 ステップ加工によって穴の内側をこする機会が増え、加工硬化が生じる為です。 ステップによる刃部への負担が寿命低下を引き起こします。 切りくずが分断しにくく、切りくず排出しにくい場合は、ドリル... 詳細表示

    • No:809
    • 公開日時:2019/02/28 09:27
    • 更新日時:2020/09/18 14:59
  • ADO-SUSドリルでのステップ加工

    加工硬化の悪影響を受けるのでステップはしない方がよいです。 ▽参考資料: ステップ加工はしない! 詳細表示

    • No:800
    • 公開日時:2019/02/28 09:27
  • ADO-SUSドリルとは

    ADO-SUSシリーズがございます。 ADO‐SUSシリーズは、超硬油穴付きのステンレス・チタン合金用ドリルです。 被削材の問題点 ・加工硬化しやすい ・切りくずが伸びやすい ・切削温度が高くなり、工具寿命が短い ・溶着しやすい ADO‐SUSの特... 詳細表示

    • No:813
    • 公開日時:2019/02/28 09:27
    • 更新日時:2020/09/18 09:25
  • MEGA COOLER(メガクーラー)とは?<ADO-SUS>

    従来より大きな油穴形状で、切削油の流速が約2倍、流量が約1.3倍に上昇します。 これにより切削熱および切りくずを高速除去できます。 ステンレスやチタン合金への加工に効果的です。 ▽参考資料:ADO-SUSシリーズ製品特長 詳細表示

    • No:811
    • 公開日時:2019/02/28 09:27
    • 更新日時:2019/03/27 13:59
  • ADO-SUSドリルとADOドリルの違い

    大きな違いは、対応する被削材です。ADO-SUSシリーズは、ステンレスや耐熱鋼に特化したシリーズです。ADOシリーズは鋳鉄からプリハードン鋼まで、幅広い被削材に対応したシリーズです。 詳細表示

    • No:795
    • 公開日時:2019/02/28 09:27
    • 更新日時:2020/09/18 10:33
  • ADO-SUSドリルシリーズの再研磨

    はい、可能です。但し、独自の刃先仕様も採用しておりますので、再研磨に出される際は弊社へ出して頂く事をご紹介しています。 詳細表示

    • No:798
    • 公開日時:2019/02/28 09:27

20件中 1 - 10 件を表示