• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 ドリル全般 』 内のFAQ

36件中 1 - 10 件を表示

1 / 4ページ
  • 太径ドリル加工において、下穴加工は必要か?

    機械馬力が充分なら、下穴は不要です。 無垢の状態からの穴あけを推奨致します。 詳細表示

    • No:939
    • 公開日時:2019/02/28 12:58
    • 更新日時:2019/03/27 14:51
  • MQL(ミスト)での深穴加工

    ドリル深穴加工では潤滑性より冷却性を重視いたします。 冷却性が無いと切りくずが塑性変形を起こし延びてしまいます。 粒子の細かいMQLが冷却性が高く、逆に粒子の粗いものは潤滑性が良いですが冷却性は劣ります。 また、圧力は2MPa以上でないと切りくずが排出されません。 ... 詳細表示

    • No:920
    • 公開日時:2019/02/28 12:58
    • 更新日時:2019/03/27 14:52
  • ドリル溝長の選択

    ドリルの種類ではなく溝長が折損原因と思われます。 FT‐GDS、SUS‐GDSとも加工深さ25mmに対して溝長は25ミリです。 一般的にドリルの有効加工深さは溝長-1.5D(D=工具径)となります。 従ってFT‐GDS、EX-SUS‐GDSとも有効加工深さは18.5mmと... 詳細表示

    • No:919
    • 公開日時:2019/02/28 12:58
    • 更新日時:2019/03/27 14:52
  • ステップ可否

    薄板ですし、加工深さから考えてもステップは不要とします。逆にステップを入れてしまうと穴の中でこすりが増えて加工硬化が生じる場合がありますので、避けられた方が長寿命となります。 詳細表示

    • No:887
    • 公開日時:2019/02/28 12:58
  • モールステーパシャンクドリル<ドリル>

    御使用できます。MTB型(引きねじ式)にはご使用できません。 詳細表示

    • No:727
    • 公開日時:2019/02/28 09:26
  • オイルホールのメリット

    切りくずの強制排出と、刃先に直接切削液がかかる事での冷却、耐溶着に効果があり、 結果、工具寿命が上がり突発的な折損を防ぎます。 特に深穴加工にメリットがあります。 詳細表示

    • No:726
    • 公開日時:2019/02/28 09:26
  • 面取りを兼ねたセンタリング

    センタ-なしで面取りを後に回してください。 ドリル中心が当たらず肩からあたって振れています。 ×ドリルが肩からあたって、食いつきはじめに振れてしまっている状態 ○ドリルが肩から当たりはじめないような工夫 詳細表示

    • No:725
    • 公開日時:2019/02/28 09:26
    • 更新日時:2019/03/20 13:15
  • シンニングとは

    シンニングとは、ドリルの先端のチゼルエッジ(切れ刃でない部分)を薄くすることで、ドリルの中心まで刃を施す処理のことです。 スラスト抵抗を下げ、ドリルを被削材にねじ込みやすくします。 また、切りくずを細かく分断し、排出しやすくする効果もあります。 ▽参考資料: シンニングとは ▽参考... 詳細表示

    • No:724
    • 公開日時:2019/02/28 09:26
    • 更新日時:2019/03/20 13:17
  • プレインシャンク

    切りかけのない丸いシャンクです。EX‐HO‐GDRΦ12以下に採用されております。 詳細表示

    • No:723
    • 公開日時:2019/02/28 09:26
  • A5052切屑での穴傷<座ぐり>

    A5052のような展延性のある被削材では、ステップ以外での切屑が分断ができません。 G73 ピックフィードで工具を加工面から離す事で、切屑を細かく分断して加工して下さい。 詳細表示

    • No:722
    • 公開日時:2019/02/28 09:26
    • 更新日時:2019/03/27 14:56

36件中 1 - 10 件を表示