• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 ソリッドドリル加工 』 内のFAQ

25件中 1 - 10 件を表示

1 / 3ページ
  • ドリル加工時にかかるスラストの計算式

    ドリル加工における切削トルクとスラストの算出に関しては、実験的研究のほか、これらから導いた簡易な算式、図、表があります。良く引用されるNATOCOの推奨計算式を紹介しますが、これは心厚やシンニングの違いを加味しているものではありません。 ▽参考資料: 穴加工 トルク、スラスト、切削動力 詳細表示

    • No:707
    • 公開日時:2019/02/28 09:26
    • 更新日時:2021/03/17 14:01
  • 折損タップ除去用の工具は?

    折損タップ除去用ドリル「EX-H-DRL」(別名:ハードドリル)をお使い下さい。折れ込んでしまったタップの形状及びサイズにより、使用するドリル径をお選び頂きます。 折損タップ除去用ドリル(ハードドリル)カタログページ あくまで切削タップの除去用とお考え頂き、超硬タップや転造タップには使用出... 詳細表示

    • No:704
    • 公開日時:2019/02/28 09:26
    • 更新日時:2020/01/29 13:36
  • ドリル溝長の選択

    ドリルの種類ではなく、加工深さに対して、そのドリルの溝長が短い事が折損原因と思われます。 ドリルは切りくずを排出しながら進んでいきます。 切りくずはドリルの溝を通って、外に排出されます。 切りくず排出のために、出口の部分を確保しておく必要があります。 FT-GDS、EX-S... 詳細表示

    • No:919
    • 公開日時:2019/02/28 12:58
    • 更新日時:2020/01/31 14:37
  • ドリル穴がおにぎり状になる

    ドリルの振れが原因と考えられます。 ①工具取り付け時の振れ。 対策:取り付け振れ精度20μm(0.020mm)以内に収める。 ②再研磨時のドリルのリップハイト(左右の切れ刃高さのばらつき)が大きい。 対策:再研磨の見直し ③食付きはじめに振れている。 対策:回転あたりの送りを上げて、振... 詳細表示

    • No:721
    • 公開日時:2019/02/28 09:26
    • 更新日時:2021/01/19 14:01
  • オイルホールのメリット

    切りくずの強制排出と、刃先に直接切削液がかかる事での冷却、耐溶着に効果があり、 結果、工具寿命が上がり突発的な折損を防ぎます。 被削材や加工の内容より、さらに切りくず排出性が求められる場合や、冷却性、耐溶着性が求められる場合に有効です。 その代表的な加工内容として、深穴加工にメリットが... 詳細表示

    • No:726
    • 公開日時:2019/02/28 09:26
    • 更新日時:2020/03/30 10:01
  • センタリング後のドリルの位置ずれ

    ドリルの肩から被削材に当たりはじめると、うまく穴位置を出すことができません。 面取りとセンタリングは分けて加工してください。 また、先端角がドリルと同じ、もしくはドリルの先端角より大きい角度のリーディングドリルをお使いください。 ▽参考資料: センタリングのコツ 詳細表示

    • No:718
    • 公開日時:2019/02/28 09:26
    • 更新日時:2019/03/27 14:59
  • 面取り角度

    ドリルの先端角は、必ずしもそのままワークに転写されるわけではございません。 口元の面取り角度は加工すると、ドリルの先端角よりも小さめになる傾向があります。 厳しい角度公差を求める場合は、それに合わせた特殊品対応が必要です。 当社営業へご相談ください。 ※ 工具の特殊品を依頼するには... 詳細表示

    • No:720
    • 公開日時:2019/02/28 09:26
    • 更新日時:2020/01/20 15:25
  • ドリル加工 センタリングは必要か?

    穴位置精度が厳しい要求や斜面、球面への加工でなければ、センタリングは必ずしも必要ではありません。 ▽参考資料: センタリングについて考えてみよう 詳細表示

    • No:712
    • 公開日時:2019/02/28 09:26
    • 更新日時:2020/10/16 14:40
  • リーディングドリルでV溝加工

    できません。皿面取り用の工具です。 詳細表示

    • No:701
    • 公開日時:2019/02/28 09:26
  • 太径ドリル加工において、下穴加工は必要か?

    機械馬力が充分なら、下穴は不要です。 無垢の状態からの穴あけを推奨致します。 詳細表示

    • No:939
    • 公開日時:2019/02/28 12:58
    • 更新日時:2019/03/27 14:51

25件中 1 - 10 件を表示