『 ドリル基礎 』 内のFAQ

30件中 1 - 10 件を表示

1 / 3ページ
  • ステップ量について

    ハイスドリルで横形加工機なら3D超えたら0.5D~1Dステップ、立形加工機なら3D超えたら1D~2Dステップ(下目から様子見てください)ただしドリルφ3以下の場合は0.5Dステップになります。 詳細表示

    • No:7764
    • 公開日時:2020/07/06 14:18
  • ドウェル加工について

    ドリル主軸は回転したまま加工に進行を一時的に停止させる加工方法の事。 穴加工の底面の面精度向上させたり、内部給油のドリル加工において切りくず排出に使われる事があります。 詳細表示

    • No:7763
    • 公開日時:2020/07/06 14:08
    • 更新日時:2020/07/27 14:34
  • 超硬ロングドリルの加工方法

    PDFを確認ください 詳細表示

    • No:7762
    • 公開日時:2020/07/06 13:57
  • ハイスロングドリルの加工方法

    EX-GDXLについてはセンタリングもしくはガイド穴を行ってから加工ください。 ステップ量については0.5Dから3D程度に設定ください。 なお、TDXLについてはPDF資料をご覧ください 詳細表示

    • No:7761
    • 公開日時:2020/07/06 13:36
  • 回転速度 回転数 とは

    工具が1分間に何回転するかという意味になります。 詳しくはPDFを確認ください 詳細表示

    • No:7759
    • 公開日時:2020/07/06 08:07
    • 更新日時:2020/07/06 09:54
  • ドリルの送り速度とは

    送り速度とは1分間に工具がどれだけ移動するかという事になります。計算方法についてはPDF資料を参考ください 詳細表示

    • No:7758
    • 公開日時:2020/07/06 07:54
  • 切削速度の意味は

    切削速度とはドリルの最外周部分が1分間に何メートル動いたかになります。詳しくはPDF資料を参考ください 詳細表示

    • No:7757
    • 公開日時:2020/07/06 07:50
  • ドリルの摩耗対策

    添付PDF資料を確認ください。 詳細表示

    • No:7756
    • 公開日時:2020/07/02 07:59
  • 刃欠け・チッピング対策

    添付PDF資料をご覧ください 詳細表示

    • No:7755
    • 公開日時:2020/07/02 07:56
  • バリ対策について

    ・取付時の外周部の振れが大きくないか確認ください ・切削油がしっかりかかっているか確認ください 対策としては ・貫通時のみ送り量を半分にする ・逃げ角を大きくする ・C面付やコーナR付に追加工する ・穴深さ2D以下ないぶ給油なら3D以下であればフラットドリルを使用する 詳細表示

    • No:7754
    • 公開日時:2020/07/02 07:52

30件中 1 - 10 件を表示