• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 8159
  • 公開日時 : 2020/10/21 15:09
  • 印刷

同期送り機構付き設備なのに、山やせが起きる。なぜ?

シンクロ機能付き設備を使っても、ねじの山やせが起きる?機械のほうで1回転1ピッチは管理しているはずなのに、なぜ?
カテゴリー : 

回答

同期送り機構付き設備と、フローティングタッパーを同時に使っていませんか?
 
機械側が1回転1ピッチを調整しても、加工時の負荷でタッパーがフロートしてしまい、タップの送りがずれてしまいます。
 
同期送り機構付き設備でタップ加工する際は、フロートしないダイレクトチャックか、同期送りを邪魔しない位のわずかなフロート量に調整された同期送り機構付き設備専用タップホルダの使用をご検討下さい。
 
 
オーエスジーでは、メンテナンスフリーで長寿命な同期送り機構付き設備専用タップホルダ「シンクロマスター」のご用意があります。幅広い対応が可能なAタップと相性抜群で、安定したタップの長寿命化とねじたて長さの安定が狙えます。
 
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます