• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 タップの選定 』 内のFAQ

74件中 61 - 70 件を表示

7 / 8ページ
  • Rp用のタップについて

    JIS B 4446のタップの規格を準用したタップです。 詳細表示

  • PSねじ用タップ短ねじ

    標準品にて「短ねじ用」と表現しているものはございません。 詳細表示

  • タフラム処理のさらえ加工<タップ>

    A2017に対するタフラム被膜硬度はHv200が上限です。手加工でさらえる場合はHT#3を使用してください。タップの自己案内性がカギとなります。 詳細表示

    • No:549
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • カテゴリー: 非鉄金属
  • 熱処理をする際のオーバサイズ目安

    EX-SUS-SFT M6やM8のオーバサイズで、被削材SUS420J2のめねじ加工をした後、熱処理を施す。オーバ量は 熱処理の入り具合一つにとっても、どれくらいの補正が要るのかはお客様でご判断いただくしかありません。M6はSTD+2、M8もSTD+2がありますので、そちらでお試し下さい。 詳細表示

    • No:523
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2023/03/30 11:15
    • カテゴリー: 用途から
  • マグネシウム合金へのタップ加工

    マグネシウム合金へのタップ加工には刃先がシャープでアルミ合金に適する工具を目安に選定下さい。 例えば、超硬ハンドタップ「OTT」、ダイキャスト用ハンドタップ「EX-DC-HT」などお選び下さい。加工時の注意点として、高温時に材料粉末や切りくずが発火しやすい点、水と反応して不安定な水素ガスが発生しやすい点があ... 詳細表示

    • No:532
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2023/03/30 16:27
    • カテゴリー: その他
  • 硬質クロムめっき後のタップ加工

    めっき後の硬さが62~63HRCになることから、VX-OTでも加工は厳しいです。 放電加工をおすすめ致します。 詳細表示

    • No:541
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2022/05/26 10:46
    • カテゴリー: 用途から
  • G用のタップについて

    SPTでG用のものがあるが、PFとG表記のあるものと何が違うのかというと JIS B 4445のタップの規格を準用したタップです。 詳細表示

    • No:546
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2023/05/16 09:30
    • カテゴリー: ねじの種類から
  • Rc用のタップについて

    TPTでRc用のものがあるが、PTとRc表記のあるものと何が違うというと JIS B 4446のタップの規格を準用したタップです。 詳細表示

    • No:547
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2023/05/19 12:57
    • カテゴリー: ねじの種類から
  • 55HRCのタップ加工

    硬度55HRC材へのVX-OT加工。ボール盤はお勧め出来ません。 マシニングセンタを使用頂く事が必要であり、それ以外の機械では欠けが発生する可能性が有ります。 ▽参考資料:  高硬度鋼用超硬タップ  詳細表示

    • No:538
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2023/03/30 09:40
    • カテゴリー: 用途から
  • EX-SFT 旧形状(ねじ長が長い)のスパイラルタップが欲しい 

    スパイラルタップは、一般用をはじめ、用途別などを含めて、仕様変更によりねじ長が短くなっております。 現在、標準在庫品では新形状のみとなります。 ねじ長が長いタップが必要な際は、ねじ長をご確認の上、ハンドタップなどをご利用する事をご検討いただきますようお願い致します。 詳細表示

    • No:548
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2022/07/13 13:54
    • カテゴリー: 用途から

74件中 61 - 70 件を表示