• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 ドリル 』 内のFAQ

91件中 1 - 10 件を表示

1 / 10ページ
  • ドリルとタップの条件<切削条件>

    機械で加工するには、切削条件を具体的な数字で表す必要があります。 回転工具の場合、「 回転の速さ 」と「移動の速さ 」が必要です。 回転の速さ (min-1)は、「1分間に何回転するか 」という数字です。 rpmとも表現する場合もあります。 移動の速さ (mm/min)は、「1分間... 詳細表示

  • 折れ込みボルト除去

    難しいとお考え下さい。真ん中に穴があくだけで除去は出来ません。 詳細表示

    • No:696
    • 公開日時:2019/02/28 09:26
    • カテゴリー: ドリル全般
  • 3Dとはどんな意味?

    Dとは工具径を表します。3D とは「工具径の3倍」の意味で、工具径がΦ10であれば3X10=30mmの加工深さ用となります。 詳細表示

    • No:697
    • 公開日時:2019/02/28 09:26
    • カテゴリー: ドリル全般
  • ゴールドドリルの違い

    SとRは溝長の違い(S:短溝長、R:レギュラー溝長)。SUS用は軟鋼非鉄ステンレスに向いており、SUSがつかない方は一般鋼から工具鋼や調質鋼など硬いものに向いています。 詳細表示

    • No:698
    • 公開日時:2019/02/28 09:26
    • カテゴリー: ドリル全般
  • ドリルチャックでの穴あけ

    汎用ストレートドリルV-SDRを除き、ドリルシャンク部にも硬度が入っており、ドリルチャックでは滑ってしまう可能性が高いので、お薦めはしていません。 詳細表示

    • No:700
    • 公開日時:2019/02/28 09:26
    • カテゴリー: ドリル全般
  • リーディングドリルでV溝加工

    できません。皿面取り用の工具です。 詳細表示

    • No:701
    • 公開日時:2019/02/28 09:26
    • カテゴリー: ドリル全般
  • 45HRC材への穴あけ

    VPH-GDSを御検討下さい。 詳細表示

    • No:702
    • 公開日時:2019/02/28 09:26
    • カテゴリー: ドリル全般
  • フラットドリルとは?

    穴あけ加工はもちろん、傾斜面・断続面・曲面への穴加工、薄板貫通側のバリ対策、深穴加工のガイド穴加工など、先端角(たとえば130°など)を持つドリルでは、安定的な加工が困難であったり、前加工を要する多様な用途で、加工コスト削減に繋がるドリルです。ADFシリーズとなります。 ▽参考資料:超硬フラットドリルシリーズ 詳細表示

    • No:703
    • 公開日時:2019/02/28 09:26
    • カテゴリー: ドリル全般
  • ハードドリルとは?

    折損タップ除去用ドリル「EX-H-DRL」をお使い下さい。折れ込んでしまったタップの形状及びサイズにより、使用するドリル径をお選び頂きます。 折損タップ除去用ドリル(ハードドリル)カタログページ あくまで切削タップの除去用とお考え頂き、超硬タップや転造タップには使用出来ませんのでお気をつけ... 詳細表示

    • No:704
    • 公開日時:2019/02/28 09:26
    • 更新日時:2019/11/01 09:30
    • カテゴリー: ドリル全般
  • 穴の拡大

    穴の拡大は、加工中の工具の振れ回りや振動によって発生します。 また、取り付け時の外周の振れが穴径や穴位置精度にも影響を及ぼします。 EX-GDRのように高剛性で高精度なドリルでも、取り付け時の外周振れが大きな状態で使用すれば、穴拡大、穴位置の悪化を引き起こします。剛性の低いドリルでは、更にこの傾向... 詳細表示

    • No:705
    • 公開日時:2019/02/28 09:26
    • 更新日時:2020/01/20 16:47
    • カテゴリー: ドリル全般

91件中 1 - 10 件を表示