• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 249
  • 公開日時 : 2019/02/22 17:01
  • 更新日時 : 2022/04/14 15:45
  • 印刷

3段切欠きのねじゲージ(NPTF)の使い方

3段切欠きのねじゲージ(NPTF)の使い方
カテゴリー : 

回答

米式管用NPTFゲージは、L1ゲージ(3段切欠き)の中央の切欠きが基準径、他の2つの切欠きが許容の最大と最小を示します。ゲージの使い方は、ねじが止まるまでゲージへねじ込み、検査したいねじの管端が最大および最小の切欠きの範囲内にあればはめあい検査に合格と判断します。

 

 

 

NPTFのねじ山の高さをチェックするためには、L1ゲージに続けて6段切欠きのクレストチェックプレーンゲージを用い、それぞれが止まった位置の関係性を検査します。

(例:L1は浅めで止まったのにプレーンは奥まで入った場合NG)

NPTFの合否はプレーンゲージによるクレストチェックを含めたものが正式ですが、客先の要求によるためご確認ください。

なお、クレストチェック用のプレーンゲージはプラグ・リングともに特殊製作品となります。

参考資料 :  管用テーパねじゲージ NPTFゲージの使用方法 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます