• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 加工内容からドリルを選定する 』 内のFAQ

6件中 1 - 6 件を表示

1 / 1ページ
  • 折損タップ除去用ドリルとは? サイズ選定と加工条件

    折損タップ除去用ドリルとして、EX-H-DRL(通称ハードドリル)がございます。 各サイズ、タップの種類毎に適応のドリル径のものをお使いください。 M4のスパイラルタップを除去する場合のEX-H-DRLの該当寸法と加工条件とクーラントは以下となります。 切削速度20~25m/min 回... 詳細表示

    • No:736
    • 公開日時:2019/02/28 09:27
    • 更新日時:2022/04/27 16:46
  • ドリルの溝長 ~貫通穴、ブッシュがある場合~

    貫通穴、ブッシュがある場合のドリルの最短の溝長は、以下の計算で求めます。  最短の溝長 = 板厚 + ブッシュ間隔 + ブッシュ長 + (ドリル径×1.5) + 再研削代※ + 貫通代 + 先端部長さ ※同じ加工をドリル再研磨をして繰り返し行う際は、再研削代をご考慮下さい。 ... 詳細表示

    • No:12121
    • 公開日時:2022/05/12 12:00
    • 更新日時:2022/05/12 12:05
  • 座ぐり加工から溝加工が行える工具はないか?

    オーエスジーフェニックスブランドのインデキサブルタイプ多機能カッタ「PMD」がおすすめです。 一本で突っ込み→横引きの連続加工ができます。 溝/側面加工はもちろん、ヘリカル・ランピング・プランジ加工・穴あけにも対応します。 なお、PMDでは穴あけ時の穴底はフラットになります。 ・ ... 詳細表示

    • No:8409
    • 公開日時:2020/12/23 14:52
  • 底面を平坦に加工できるドリルは?

    穴加工では、フラットドリル(ADFシリーズ)や、座ぐり加工用工具(ZDSシリーズ)がお使いいただけます。 ただし、こちらの工具には外周刃がない為、横引きはできません。 ・ フラットドリル ADFシリーズ ・ 座ぐり加工用工具 ZDSシリーズ 詳細表示

    • No:8407
    • 公開日時:2020/12/23 14:42
    • 更新日時:2022/07/15 13:34
  • リーディングドリルは、横引き面取り加工と穴面取り加工で共用可能?

    ソリッドタイプのリーディングドリルは、穴面取り加工に向いております。 ・ TIN-NC-LDS 横引きによる面取り加工では、VカットエンドミルのVCMシリーズや面取りカッタHSCTシリーズが向いています。 ・ 面取りカッタHSCTシリーズ なお、インデキサブ... 詳細表示

    • No:717
    • 公開日時:2019/02/28 09:26
    • 更新日時:2022/06/01 17:51
  • 通常の穴加工でもADF-2Dを使ってもいいのか。

    お使いいただけます。 ただ、デメリットに注意する必要があります。 先端がフラットであるがゆえに、ドリルにかかる軸方向の負荷=スラストが大きくなりドリルの寿命やワークへの軸方向の負荷が大きくなってしまいます。 また、フラットドリルであるADFは断続切削に対する剛性アップを目的と... 詳細表示

    • No:4803
    • 公開日時:2019/12/19 14:14
    • 更新日時:2020/01/31 15:40

6件中 1 - 6 件を表示