• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 ビギナー向け情報 』 内のFAQ

120件中 61 - 70 件を表示

7 / 12ページ
  • ダクタイル鋳鉄とは?

    ダクタイル鋳鉄とは、強度や延性を改良した鋳鉄です。「ダクタイル」と英語で「のびる」という意味で、硬くてのびるため、切削しにくい特徴があります。球状黒鉛鋳鉄とも呼ぶこともあります。JIS記号は、FCD450、FCD600など。なお、数字が大きくなるほど、強度が増し、切りくずがつながるようになります。 詳細表示

  • 単独有効径とは

    単独有効径とは、平行ねじの場合は、軸線に沿って測ったねじ溝の幅が規定上のピッチの1/2であるような仮想的な円筒の直径。 詳細表示

  • グラファイトとは?

    炭素を元素とする鉱物。鉛筆の芯と同じ。炭素元素:Cだけでできています。黒鉛(コクエン) 英語:グラファイト主に金型の電極として使われています。工具摩耗が早い。グラファイトを加工する際には、専用の工具と設備が必要になります。 詳細表示

  • 切りくず排出性とタップ形状の関係

    タップ形状による切りくず排出性は、以下の要因があります。 ①溝の大きさ  溝の幅、深さが広く深いほど、切りくずを排出するスペースに余裕があるため、  切りくず排出性が高くなります。 ②ねじれ角  ねじれ角が強いと、切れ刃で発生した切りくずを溝に乗せやすいという点で、  切りくず... 詳細表示

  • センタカット

    エンドミルの底刃が、中心までついている仕様の事です。 縦送り(突っ込み)加工ができる特徴があります。 オーエスジーの2枚刃エンドミルはすべてセンタカットタイプです。 詳細表示

    • No:315
    • 公開日時:2019/02/25 16:39
    • 更新日時:2019/05/09 16:30
    • カテゴリー: 業界初心者向け
  • 回転速度から切削速度の換算<切削条件>

    下記の参考資料より、計算方法がご覧いただけます。 ▽参考資料: 回転速度から切削速度の換算 ☆ 切削条件の基礎<まとめ>に戻る 詳細表示

    • No:363
    • 公開日時:2019/02/25 16:52
    • 更新日時:2019/05/10 13:50
    • カテゴリー: 切削条件の基礎
  • 金属の切削とは?<切削の基礎①>

    「 切る側の金属 」が、「 切られる側の金属 」 より ・硬く ・切れ味があり ・勢いをつけて 切るからです。 ▽参考資料 :  切削の仕組み ☆ 切削の基礎のまとめに戻る オーエスジーでは、日々の業務に役立つ情報を様々な方法で展開しております。 ... 詳細表示

    • No:340
    • 公開日時:2019/02/25 16:43
    • 更新日時:2020/02/05 09:42
    • カテゴリー: 切削工具の基礎
  • 工具寿命の期間が知りたい。工具の耐用年数は?

    切削工具の使用においては、耐用年数というような期間での考え方はありません。 切削工具の耐久という意味であれば、主に切れ刃の逃げ面摩耗で判断します。 被削材、使用状況、条件などでも大きく影響を受けるものになります。 詳細表示

    • No:1128
    • 公開日時:2019/03/18 12:41
    • 更新日時:2022/01/05 10:14
    • カテゴリー: 業界初心者向け
  • 止り側ねじリングゲージとは

    おねじの有効径を検査するめねじ形のゲージです。 規定内で止まれば有効径が小さ過ぎないという点では合格し、通りねじリングゲージとセットで検査し合格することでねじ精度が保証されます。 工作用と検査用の区別がある場合は、工作用は主に製造部門や出荷元で使われ、検査用は主に検査部門や出荷先で使われます。 詳細表示

  • 再研削とは?

    タップ、エンドミルやドリルの刃先の摩耗が進んでくると、切削音、振動、切りくずの変色、加工面状態、精度の悪化などの現象が生じてくるため、安定した加工ができなくなります。安定加工ができなくなる前に、切れ刃を研ぎなおすことを再研削といいます。 詳細表示

120件中 61 - 70 件を表示