• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 738
  • 公開日時 : 2019/02/28 09:27
  • 更新日時 : 2020/01/31 14:55
  • 印刷

ロングドリルをガイド穴に入れる際の回転数

 ロングドリルの条件表に、ガイド穴にロングドリルを入れる際には、停止、または回転速度を下げて入れてくださいと ありますが、どれくらい下げればよろしいでしょうか?
カテゴリー : 

回答

超硬やハイスに関わらず、目安として、500回転/分以下まで下げてください。ADO-40D/50Dシリーズのように、ドリル自体がとても長い場合は、さらに振れやすくなる為、刃先がガイド穴に当たることを防ぐ目的で逆回転500回転/分以下で加工点手前まで移動し、所定の条件で加工してください。

 

 

▽参考資料: ハイスロングドリル「TDXL」の深穴加工

▽参考資料: 超硬ロングドリル「ADO-15D~30D」の深穴加工のコツ

 

▽参考動画:ADO-50D推奨加工方法

(外部サイトにて動画が流れます。音にご注意ください。)

 

 

ドリルの質問一覧に戻る

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます