• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 耐熱合金 』 内のFAQ

14件中 1 - 10 件を表示

1 / 2ページ
  • インコネルへの穴あけ

    超硬であれば、内部給油仕様でWXSコートにより長寿命を実現した「WHO55-5D」をお奨めします。ハイスであれば、調質鋼用粉末ハイスドリル、「VPH-GDS」、「VPH-GDN」、「VPH―GDR」をお奨めします。 ▽参考資料:穴加工・ねじ加工工具 総合カタログ ※総合カタログを「表示する」からご... 詳細表示

    • No:379
    • 公開日時:2019/02/25 16:55
    • 更新日時:2019/03/28 15:16
  • ハステロイの加工<耐熱合金>

    ハステロイにも硬いもの硬くないものがあります。時効処理(熱処理)前や時効処理をしないものはステンレス用工具の使用、時効処理済のものは耐熱合金用工具の使用をお薦めします。 詳細表示

    • No:382
    • 公開日時:2019/02/25 16:55
  • 耐熱合金加工におけるハイスドリル選定のポイントは?<耐熱合金>

    インコネルやハステロイ等のNi基合金の加工に際し、それぞれの種類や切削加工時の状態で、工具を選定する必要があります。 ハイスドリルでは、時効処理(熱処理)前のものや時効処理を行わないものにはEX-SUS-GDSなどのステンレス用ドリル。時効処理後の硬質の耐熱合金には、調質鋼用粉末ハイスドリルVPH-... 詳細表示

    • No:376
    • 公開日時:2019/02/25 16:55
    • 更新日時:2019/09/20 08:50
  • チタン加工におけるタップ選定のポイントは?<耐熱合金>

    チタンには純チタン(チタン2種など)とチタン合金(Ti-6Al-4Vなど)の二種類があります。まず、純チタンの場合、被削材硬度が高くないので切れ味の良いステンレス用タップまたはAタップをお薦めいたします。チタン合金の場合は、被削材硬さが30HRCを超えるものが多いため、難削材用のCPMタップシリーズやチタン合金用... 詳細表示

    • No:373
    • 公開日時:2019/02/25 16:55
    • 更新日時:2019/03/28 15:47
  • 耐熱合金加工におけるタップ選定のポイントは?

    チタン合金には、V-Ti-から始まるチタン合金用シリーズを。 ハステロイやインコネルなどには、Niー、もしくはWHR-Ni-から始まるニッケル基合金シリーズがお勧めです。 ▽参考資料: チタン合金用スパイラルタップ ・ チタン合金用ポイントタップ ハステロイやインコネル向けタップの検索はこちらか... 詳細表示

    • No:372
    • 公開日時:2019/02/25 16:55
    • 更新日時:2019/03/29 09:34
  • 耐熱合金の切削条件<耐熱合金>

    耐熱合金は熱伝導率が低く、切りくずに熱がうつりにくい性質を持ちます。そのため、刃先に熱が残りやすいので、熱によるトラブルが発生しやすいです。対策として、熱の発生を抑える低めの切削速度が有効です。ただし、送り量に関しては必要以上に条件を落とすと加工硬化を誘発させてしまう為、注意が必要です。 詳細表示

    • No:386
    • 公開日時:2019/02/25 16:55
  • チタン材料の加工に適した油剤<耐熱合金>

    切削油剤は工具摩耗や温度に応じた選定が必要です。 ドリルとエンドミルにおいて、比較的高い切削条件では、冷却効果が必要とされるため水溶性切削油が推奨。 タップ加工で切削油剤に求められる性能は潤滑性なので、不水溶性が推奨です。 また、中には油剤と反応して変色するものもございますので、確認が必要です。 詳細表示

    • No:384
    • 公開日時:2019/02/25 16:55
  • 耐熱合金加工におけるエンドミル選定のポイントは?<耐熱合金>

    切れ味が相対的に高く確保することができる“強ねじれ”仕様が適します。さらに刃形・溝フォームを最適化、さらにビビリを抑制する不等分割不等リード仕様のNEOシリーズなど、用途別シリーズも有効です。 ▽参考資料:耐熱合金向けのエンドミル「NEO-PHS」 詳細表示

    • No:380
    • 公開日時:2019/02/25 16:55
    • 更新日時:2019/03/28 15:14
  • チタン材料の切削条件<耐熱合金>

    チタン材料の切削条件を設定する際に注意するのは、熱の発生です。 対策として切削速度を低く設定することが有効です。 工具の摩耗を抑える意味でも、切削温度が高くならないように調整が必要です。 詳細表示

    • No:383
    • 公開日時:2019/02/25 16:55
  • チタン材料におけるエンドミルの選定は?<耐熱合金>

    チタン材料は熱伝導率が小さく、局所的に温度が上昇しやすい傾向にあります。工具への影響として、摩耗が進行しやすいです。チタンの切削抵抗は変動が大きく、工具欠損の原因になりやすいです。オーエスジーでは、チタン合金に対して有効なエンドミルがございます。例として、UVXシリーズ。NEOシリーズ等。純チタンに対しては、SU... 詳細表示

    • No:381
    • 公開日時:2019/02/25 16:55
    • 更新日時:2019/03/28 14:52

14件中 1 - 10 件を表示