• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 SUS 』 内のFAQ

19件中 1 - 10 件を表示

1 / 2ページ
  • ステンレスの加工硬化とは?<SUS>

    加工硬化のメカニズム 例えば新品の布団はフカフカです。 しかし長い期間使っていると綿が圧縮されて硬くなってしまいます。 これと同じような現象が金属の組織内で起こると考えてください。 金属組織も当初は原子が規則正しく並んでいます。 その並びが曲げられたり擦られたりすると、崩れてより組織が詰まって凝縮さ... 詳細表示

    • No:1118
    • 公開日時:2019/03/15 16:49
    • 更新日時:2019/03/15 16:53
  • ステンレス用の超硬ドリル

    はい、ございます。 高い切削条件で使用しても「安定した加工」と「工具の長寿命化」を実現した「ADO-SUSシリーズ」ドリルをお選び下さい。 ▽参考資料: ステンレスとチタン合金に最適「ADO-SUSシリーズ」超硬ドリル 詳細表示

    • No:359
    • 公開日時:2019/02/25 16:48
    • 更新日時:2019/03/27 16:41
  • 左ねじステンレス用タップ

    ございません。左ねじ用タップは、一般用と、一般用ロングの2種類のみの取り揃えとなります。 詳細表示

    • No:358
    • 公開日時:2019/02/25 16:48
  • EX-GDRにてステンレス加工条件

    本来ステンレスを加工する場合、「EX-SUS-GDR」をご紹介しますが、まずはそのステンレス用ドリルの加工条件を御参考に加工下さい。 詳細表示

    • No:357
    • 公開日時:2019/02/25 16:48
  • ステンレス用ねじ切り丸ダイス

    標準品はその通りです。ねじ切り丸ダイスにてステンレスを加工する場合、工具の母材をSKSでなくHSS(ハイス)にて選定することで、ステンレスに対応可能な場合もあります。但し、溶着を防止するホモ処理を修正にて乗せられるとより寿命も期待出来るかと思います。 詳細表示

    • No:356
    • 公開日時:2019/02/25 16:48
  • ADFシリーズでのステンレス加工

    ステンレス加工には、ADFO-3D のタイプをお勧め致します。 面取り座ぐり用工具カタログ 詳細表示

    • No:355
    • 公開日時:2019/02/25 16:48
    • 更新日時:2019/03/27 16:44
  • ステンレス用リーマ

    特殊品での対応となります。 詳細表示

    • No:354
    • 公開日時:2019/02/25 16:48
  • M10を超すステンレスのおねじ加工

    M10を超す径は、専用の工具がありません。 本来は溶着や焼き付きへの対策を施された特殊品対応です。 少量の場合、HSS製のRDに溶着や焼き付きへの対策として ホモ処理を追加工したものが効果的です。 詳細表示

    • No:353
    • 公開日時:2019/02/25 16:48
    • 更新日時:2019/03/27 16:45
  • 加工硬化してしまった下穴にステンレス用タップは使用できるか?<ステンレス>

    ステンレス用タップでは、0.1~0.2ミリ硬化層がありますので加工出来ません。 CPMシリーズやVPシリーズがおすすめです。 詳細表示

    • No:352
    • 公開日時:2019/02/25 16:48
    • 更新日時:2019/03/27 16:46
  • ステンレスに推奨のエンドミルには、どんなものがある?

    マシニングセンタで使用する場合、標準的な30°のねじれ角より、強いものがお薦めです。 超硬エンドミルではAE-VMS、NEO-PHS、WX-PHSなど、ハイスエンドミルでは、V-XPM-EHSなどです。 汎用機でお使いいただく場合と薄板加工の場合、強ねじれではありませんが、超硬エンドミルで... 詳細表示

    • No:351
    • 公開日時:2019/02/25 16:48
    • 更新日時:2019/03/27 16:46

19件中 1 - 10 件を表示