• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

トップカテゴリ

『 タップの選定 』 内を 「 工具の硬さと被削材の硬さの関係 」 で文章検索した結果

37件中 1 - 10 件を表示

1 / 4ページ
  • ブリネル硬さ(HB)からのタップ選定

    はじめに、カタログの硬さ表記のCスケール(HRC)へ、以下を目安に換算します。 下図をクリックすると拡大表示されます。 次に、被削材の硬度別選定表より、その硬さに対応する工具を選定ください。 下図をクリックすると拡大表示されます。 参考 詳細表示

    • No:529
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2021/06/16 16:33
    • カテゴリー: その他
  • HRC硬度からの工具選定

    加工したい被削材が、カタログの対応被削材の欄にない場合や調質等により性質が変化している場合の工具選定においては、被削材硬さが1つの目安になります。 ドリルとタップの被削材硬度別選定表 ドリルやタップに限らず、エンドミル等においても同様です。対応被削材欄の焼き入れ鋼の箇所にHRC硬度別の対応 詳細表示

    • No:519
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2022/05/07 11:56
    • カテゴリー: その他
  • 3B級加工用のタップ

    3B級用は特殊品対応となります。 詳細表示

    • No:526
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • カテゴリー: 用途から
  • タフラム処理のさらえ加工<タップ>

    A2017に対するタフラム被膜硬度はHv200が上限です。手加工でさらえる場合はHT#3を使用してください。タップの自己案内性がカギとなります。 詳細表示

    • No:549
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • カテゴリー: 非鉄金属
  • 熱処理をする際のオーバサイズ目安

    熱処理の入り具合一つにとっても、どれくらいの補正が要るのかはお客様でご判断いただくしかありません。M6はSTD+2、M8もSTD+2がありますので、そちらでお試し下さい。 詳細表示

    • No:523
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • カテゴリー: 用途から
  • シェルタップ SLT <特殊タップ>

    径が比較的大きいねじのねじ立て用としてシャンク部を別にはめ込む設計のタップで、経済的であり、被削材の形状や機械装置に合わせて製作します。 こちらは特殊品として製作となります。 詳細表示

    • No:4352
    • 公開日時:2019/12/12 10:08
    • カテゴリー: 種類から
  • 用途別タップをさがす <目次>

    <特定の用途からさがす> ・ インサート(ヘリサート)を挿入するめねじを加工する工具は? ・ めっき厚に対するオーバサイズの考え方 ・ どぶめっき用タップ ・ さらえ用タップ ・ エンザートタップ ・ ガスタップ <被削材硬さからさがす> ・ HRC硬度 詳細表示

    • No:10576
    • 公開日時:2021/12/21 15:59
    • 更新日時:2022/05/25 16:27
    • カテゴリー: 用途から
  • タップの選定手順 適したタップを選ぶには

    例M6×1 を有効ねじ長さ12mm加工する場合 M6X1 ⇒ タップ外径 6mm 有効ねじ長さ12÷6=2 ⇒ 2D 手順③ 被削材にあったタップを選ぶ 穴加工ねじ加工工具総合カタログ「タップ選定基準表」から、被削材や硬度より選定ください。 手順 詳細表示

    • No:12317
    • 公開日時:2022/06/02 09:32
    • 更新日時:2022/06/02 12:54
    • カテゴリー: タップの選定
  • 折損タップ除去用工具(EX-H-DRL)の使い方

    損したドリル・ボルトには使用不可 被削材がアルミの場合、ワークを痛める可能性あり ねじが傷んでいた場合は、ねじの補修ツールの使用をご検討ください。 ・ ねじインサートとは?何に使うもの? ・ FAQトップに戻る 詳細表示

    • No:9676
    • 公開日時:2021/10/04 11:27
    • 更新日時:2022/07/15 13:41
    • カテゴリー: 用途から
  • ドリルタップとはどんな工具?

    ドリルタップとは、一本で下穴加工とねじ加工を行う工具です。先端のドリル部分でめねじの下穴加工をし、タップ部分でねじ立て加工を連続して行うタップになります。マシニングセンタを使用して、シンクロ機能にて加工される事をお薦めします。タッパでは滑ってしまう可能性があります。タップ、ドリル別々の条件設定での加工を推奨します 詳細表示

    • No:485
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2022/06/13 17:08
    • カテゴリー: 種類から

37件中 1 - 10 件を表示