• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 9871
  • 公開日時 : 2021/10/18 23:26
  • 更新日時 : 2021/12/20 15:49
  • 印刷

左勝手スレッドミルの動き AT-2

下穴とねじ加工を同時に行うスレッドミルAT-2の動きは、どのようになる?
カテゴリー : 

回答

スレッドミルの中には、AT-2のように工具を左回転で使用する左刃仕様のタイプがあります。また、AT-2は、下穴とねじ加工を同時に行うスレッドミルです。その為、工具の動きは、上から下に動く方法をとります。
 
 
AT-2にて、左ねじをダウンカットで加工したい場合は、G02の時計回りの円弧補間で行うことになります。
その際、工具の動きは下から上の動きになる為、あらかじめ下穴をあけてからめねじ加工のみ行います。
 
 
AT-2はめねじのみの加工も可能です。
また、ThreadPro(スレッドプロ)では、そういったプログラムも選択して作成する事ができます。
 
 
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます