• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

トップカテゴリ

  • No : 8819
  • 公開日時 : 2021/03/25 09:34
  • 印刷

タップ加工時の切りくず形状

タップ加工時の切りくず形状
カテゴリー : 

回答

切りくずが細く短ければ、排出しやすい良い形状といえます。
切りくずが太く長ければ、タップにかみ込む恐れがあり、注意が必要です。
 
スパイラルタップの場合は、タップの進行方向とは逆方向に切りくずが排出されるため、切りくずの形状が悪いとタップと加工したねじの間に切りくずが挟まってトラブルを起こすケースもあります。切削速度が適合していれば、切りくずも排出しやすい形状(カールが狭くピッチが細かい)となります。
 
また、深い穴の加工は、必然的に切削量が多くなる為、切りくずが長くなり、難しい加工となります。
タップ加工では、加工長÷工具径が 2倍(2D)を超えると深穴とされます。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます