• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

トップカテゴリ

  • No : 7714
  • 公開日時 : 2020/06/22 15:57
  • 更新日時 : 2020/06/23 11:21
  • 印刷

摩耗点検ねじリングゲージとは?

プラグゲージが摩耗していないかどうかを確認できるゲージはある?
カテゴリー : 

回答

ございます。
 
摩耗点検ねじリングゲージといいます。
 
プラグゲージは使用を重ね、摩耗すると径が小さくなっていきます。
摩耗が進み径が小さくなりすぎると、そのプラグゲージは正しい判断ができなくなってしまいます。
 
摩耗点検ねじリングゲージとは、ねじ用限界プラグゲージの有効径が、摩耗代を含めた範囲にあるかどうかを確認するリングゲージです。
 

※本来、プラグゲージは三針法で校正する為、摩耗点検リングゲージの規格はJISにありません。オーエスジーオリジナルです。

 

・  摩耗点検ねじリングゲージとは

 

そのゲージが摩耗しすぎていないかどうかを確認する事を校正といいます。

オーエスジーをはじめ、校正機関へ依頼するのが一般的です。

 

【プラグゲージ校正の問題点】

・ 校正機関に依頼の間ゲージが使えない
・ 三針測定は難しく自社管理困難
・ 定期校正では、NGになった場合いつからNGなのか遡って調べることが困難

 

【ラインナップ】

メートルねじ/従来 JIS2級/ GPW

メートルねじ/ISO 6H/GPW

サイズ:M3~M12 (各11サイズ)

 

 

オーエスジーオリジナルとは?

 

従来JIS・ISOの規格で、ゲージの摩耗しろが無いものがあります。(従来JIS止り側・ISO止り側等)本来、プラグゲージは三針法で校正する為、摩耗点検リングゲージの規格がございません。こちらはねじ用限界プラグゲージが公差内かどうかを判断する目的で、オーエスジーが独自に数字を設定したものです。その為、JISに基づく校正方法(プラグゲージなら三針法)との併用や、先方との運用のご確認の上をご検討下さい。

 

 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます