• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 736
  • 公開日時 : 2019/02/28 09:27
  • 更新日時 : 2022/04/27 16:46
  • 印刷

折損タップ除去用ドリルとは? サイズ選定と加工条件

折損タップ除去用ドリルとは? サイズ選定と加工条件
カテゴリー : 

回答

折損タップ除去用ドリルとして、EX-H-DRL(通称ハードドリル)がございます。

各サイズ、タップの種類毎に適応のドリル径のものをお使いください。


M4のスパイラルタップを除去する場合のEX-H-DRLの該当寸法と加工条件とクーラントは以下となります。

切削速度20~25m/min

回転あたりの送り量:0.01~0.05mm/min を目安に手送り加工で少しずつ加工しながらお試しください。

M4の場合は、工具径Φ3

回転数は2000~2500rpmとなります。

クーラントは必要です。

▽参考資料: 折損タップ除去用ドリル

 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます