• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 633
  • 公開日時 : 2019/02/26 18:10
  • 更新日時 : 2022/04/19 16:37
  • 印刷

マグネシウム合金へのタップ加工条件

マグネシウム合金へのタップ加工条件
カテゴリー : 

回答

マグネシウム合金をタップ加工する場合、目安として、切削速度10m/min前後とお考え下さい。なお、切りくずは分断した細かい形となります。
 
専用工具ではありませんが、通り穴止り穴ともに、超硬ハンドタップ(OTT)、ダイキャスト用ハンドタップ(EX-DC-HT)をご検討ください。下穴余裕が少ない場合は、ショートチャンファ型スパイラルタップ(EX-SC-SFT)がおすすめです。ねじ立て深さは2D以下としてください。
 
切削油は不水溶性切削油推奨です。
 
※マグネシウム合金は、高温で粉末や切りくずが発火しやすい性質を持ちます。同時に、水と反応して不安定な水素ガスを発生しやすい性質も持ちます。
※乾式切削はしないでください。
※切りくずは溜めずにこまめに除去してください。
※切りくずの保管場所は、風通しがよく、水気のない場所をお選びください。
 
 
マグネシウム合金 AZ91 事例
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます