• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

トップカテゴリ

  • No : 6227
  • 公開日時 : 2020/03/06 11:15
  • 更新日時 : 2020/03/06 11:20
  • 印刷

シンクロマスターのメリットと必要な機械設備

シンクロマスターがうちの設備に有効かどうかがわからない。
カテゴリー : 

回答

シンクロマスターは同期送り機構付きの機械専用です。
 
特に高剛性、高精度加工機に対して推奨致します。2〜3年以内に購入された最新設備の多くは、従来機と比較して高精度・高剛性のものが多いです。

高精度・高剛性な機械ほど、機械側に遊びが少なく、加工中に突発的な負荷変動が生じます。その負荷変動をタップホルダが吸収することで、安定加工をもたらします。
 
一般的な微小フロートホルダに対し、シンクロマスターは衝撃を収集するダンパ部分が金属製で一体型。それにより、メンテナンスフリーで長寿命が得られます。
 
さらに、フロート量が一般的なものよりも少ない極微小フロートにより、せっかくの機械の高精度仕様を損なわない安定したねじたて長さを同時に得ることができます。
 
 
 
 
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます