• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 582
  • 公開日時 : 2019/02/26 18:10
  • 更新日時 : 2022/05/26 13:19
  • 印刷

溝なしタップの加工 口元の盛り上がりを抑制するには

溝なしタップの加工 口元の盛り上がりを抑制するには
カテゴリー : 

回答

溝なしタップの加工では、口元側にかえりが生じることで盛り上がった形状になります。
口元のかえりを抑制するためには、溝なしタップの下穴に、あらかじめ60~70°(全角)の面取りを行うことが有効です。
 
参照:オーエスジー タップ テクニカルデータ P42
 
※カタログ表記上、角度が全角とテーパ半角の2種類の表し方があります。
 
先端角90°:全角
テーパ半角45°:半角
どちらも、面取りの角度は同じ狙いの工具です。
 
溝なしタップの下穴面取り角度60~70°を狙う場合は、面取り工具の先端角が60°のものを選定ください。
 
 
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます