• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 4428
  • 公開日時 : 2019/12/13 11:56
  • 更新日時 : 2021/02/18 16:19
  • 印刷

Aタップ寿命延長対策<シンクロマスター>

Aタップが最終的に折損する。さらに寿命を延ばす方法は?同期送り機構付きの機械で固定式タッパー使用。
カテゴリー : 

回答

固定式の場合、同期送り機構が働いていても、正転から逆転の時に負荷変動が起き、タップが折損するケースがあります。
 
シンクロマスターはこの負荷変動を極微小フロートで吸収する為、タップへのダメージを大幅に減らすことができます。
 
 
 
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます