• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 402
  • 公開日時 : 2019/02/25 18:27
  • 更新日時 : 2019/04/10 11:03
  • 印刷

エンザートの使い分け<エンザート>

エンザートの割溝型と三つ穴型を、どのように使い分けるのですか?
カテゴリー : 

回答

様々な被削材に使えるのは三つ穴型なので、サイズが無い場合を除き、まずは三つ穴型をご検討下さい。

割溝型は切りくず除去が容易な利点があるのですが、小さな下穴径で使用する場合や被削材が硬い場合には、先頭で挿入される割溝部が内側にたわみ、加工不良や締結不良を起こす場合があります。 (樹脂であっても、FRPやPCなどには割溝型は使用出来ません。)

割溝型は切れ刃部分が長く、切れ味が必要な被削材に向いています。(アルミ、快削性FC) 三つ穴型は、一般的な鉄などの被削材に向いています。(一般鋼、割れやすい硬質樹脂)

▽参考資料:パーツ&サプライシリーズ<エンザート>

▽参考資料:エンザートの被削材別使い分け

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます