• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 2524
  • 公開日時 : 2019/08/28 08:52
  • 更新日時 : 2021/05/11 12:39
  • 印刷

タップの材質の違い(SKSとHSS)

お客様からの注文で、SKSのタップと言われたが、HSS(ハイス)のタップとどう違う?
カテゴリー : 

回答

ともに、タップに使われる母材を指します。
 
・SKSとは、合金工具鋼といいます。
 
・HSSとは、高速度工具鋼といいます。
 
この2つの主な性能の違いは、「高温硬さの差」になります。
 
タッピングを行った際に発生した切削熱に対し、HSSは約600℃まで温度が上がっても
高温硬さが高いため、刃先の摩耗がしにくいのです。
 
SKSのタップは、加工数が少なく、手立てで間に合う場合は、まだ使われますが
自動車部品の量産加工などにおいては能率的なタッピングが出来ません。
 
▽参考資料 : タップの材質
 
 
毎日100件以上の相談実績! 電話での工具に関する技術的な問い合わせは・・・
OSGコミュニケーションダイヤルまでご相談ください
フリーコール
0120-41-5981(よい 工具は一番)
【営業時間】9:00~12:00 13:00~17:00(土日祝日除く)

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます