• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

トップカテゴリ

『 インデキサブルツール 』 内を 「 金属の切削とは?<切削の基礎①> 」 で文章検索した結果

4件中 1 - 4 件を表示

1 / 1ページ
  • エンドミルとインデキサブルの切削条件<切削条件>

    大きく関わります。 負荷が大きいと工具やワークがふれて、びびり振動が発生します。 機械剛性、ワーク剛性、求める面粗さ、加工能率などにより、 カタログ条件範囲から調整しましょう。 ☆ 切削条件の基礎<まとめ>に戻る ☆ ドリルとタップの切削条件 ☆ 計算機に貼って 詳細表示

  • ショルダーミルとは?

    切込み角45°や75°などのフェースミルを用いるのが一般的です。しかし、切込み角が45°や75°のフェースミルでは薄肉形状の場合は軸方向に剛性が乏しくびびりやすいです。 その為、軸方向に切削抵抗のかかりにくい切込み角90°の肩削りカッタが有効です。 ・ FAQトップに戻る 詳細表示

  • 6コーナ肩削りカッタシリーズPSTWとは?

    一般的な肩削りカッタと比べて ①使用コーナ数が多い(=6コーナ使用可能で経済性が高い) ②剛性と切れ味のバランスのとれた設計(=長い突き出し環境におけるビビり抑制、優れた仕上り面) ③重切削に適した溝フォーム(=高能率加工) を備えたインデキサブルカッタです。 PSTW資料① カタログはこちら 詳細表示

    • No:8230
    • 公開日時:2020/11/04 15:13
    • 更新日時:2020/11/04 15:14
    • カテゴリー: PSTW
  • 6コーナ肩削りカッタシリーズPSTWの用途

    PSTWは突き出しが長くびびりやすい加工やより高能率を要求される加工に適します。また、ヘリカル・ランピング加工にはPSE(長方形片面2コーナ使用)を、小型マシニングセンタにおける低切り込み加工にはPSF(正方形片面4コーナ使用)が適します。 PSTW資料② 詳細表示

    • No:8232
    • 公開日時:2020/11/04 15:20
    • カテゴリー: PSTW

4件中 1 - 4 件を表示