• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

トップカテゴリ

『 ソリッド工具 』 内を 「 管用タップの工具径と配管規格 」 で文章検索した結果

22件中 11 - 20 件を表示

2 / 3ページ
  • キー溝エンドミル

    キー溝にはJISにて定められた「キー溝規格」がありますので、加工する前にそのキー溝の幅と深さを確認されてから工具を選定される事をお薦めします。OSGではハイス(EKD)、コーティングハイス(TIN、V)、超硬(MG)にて専用のキー溝加工用エンドミルがあります。特徴をご紹介している資料をご覧下さい。 ▽参考資料 詳細表示

    • No:659
    • 公開日時:2019/02/27 16:32
    • 更新日時:2019/03/20 14:04
    • カテゴリー: ソリッド全般
  • V溝加工

    現在、当社ではV溝加工に推奨する工具はございません。 工具の先端の形状がV字形状(Vカット)になっている工具はございます。 FX-MG-VCM、V-XPM-VCMなどがこれにあたります。 ただし、こちらの工具はV溝加工にはおすすめしておらず、横引きにて面取りを行う用途の工具です。 ▽参考資料 詳細表示

    • No:670
    • 公開日時:2019/02/27 16:32
    • 更新日時:2019/03/27 16:11
    • カテゴリー: ソリッド全般
  • エンドミルでの突き加工だけで、底面を平らにできるか?

    一般的なエンドミルでは、突き加工だけで底面を平らに加工する事ができません。 先端が中凹仕様になっている為です。 底面に平坦な形状が必要な場合は、座ぐり加工用の工具が必要です。 突き加工だけで座ぐり加工が可能な工具 <ソリッド工具 詳細表示

  • テーパエンドミルの切削条件

    テーパエンドミルは、回転数を加工の大端で、送り量を小端で設定します。 例として、TPDS φ2×3°(小端φ2、大端φ3.89)※カタログ記載 参考にする条件は、2枚刃のスクエアエンドミル(EDS)のφ2から被削材別に選んでください。 送り量はφ2の数字。 回転数は 詳細表示

  • 底刃がフラットなエンドミルはありますか?

    この場合、加工用途を確認する必要があります。 用途①座ぐり加工 ・ 座ぐり加工用エンドミルカタログ(ZDSシリーズ) ・ 超硬フラットドリルシリーズ(ADFシリーズ) ただし、この工具の用途はあくまでも座ぐり加工です。 外周刃がない為、横引きはできません 詳細表示

  • アディティブ・マニュファクチャリング用エンドミル AM-EBT・AM-CR...

    アディティブ・マニュファクチャリング(=3Dプリンタのように材料を添加しながら行う金属積層造形工法)における表層部分のミーリング加工用工具です。 AM-EBT(ボールタイプ)とAM-CRE(ラジアスタイプ)とがあり、ネガ刃型および切りくず排出性と再研磨を考慮した独自仕様を備え、高硬度かつ凹凸により取り代ムラ 詳細表示

  • OH1 と OL1?<エンドミル>

    オーエスジーのエンドミルにおいて、「 OH~ 」や「 OL~ 」という記号は、刃公差を表します。 ※「OH~」「OL~」の ~ の部分には数字が入り、既定の公差を示します。 OH1・・・0 ~ +0.02 OL1 ・・・-0.02 ~ 0 OL2 ・・・-0.04 ~ -0 詳細表示

  • アディティブ・マニュファクチャリング用エンドミルの再研磨は可能か?

    AM-EBT(ボール)、AM-CRE(ラジアス)ともに再研磨可能です。 性能確保のために再コーティングもあわせておすすめします。 再研磨・再コーティングをご検討の場合は、普段ご利用の商社様を通じて、オーエスジー営業所までご相談ください。 ・ 工具に関する相談をしたい時は? 詳細表示

  • コバルト含有量とは?

    含有量の公表はしておりませんが、コバルト含有が明らかな材種を使用している製品に対しては、総合カタログの「コバルト含有」欄に○印があります。又、ハイスエンドミルだけでなく、タップ、ドリル、超硬エンドミルも同様に表記がございます。 ▽参考資料: コバルト含有について 詳細表示

    • No:658
    • 公開日時:2019/02/27 16:32
    • 更新日時:2019/03/20 14:05
    • カテゴリー: ソリッド全般
  • マグネシウム合金へのエンドミル加工

    専用シリーズはありませんが、刃先がシャープでアルミ合金に適する工具を目安に選定下さい。 例えば、銅・アルミ合金用超硬エンドミル「CA-RG-EDS」、超硬ハイヘリックスシリーズの「WX-PHS」などお選び下さい。 加工時の注意点として、高温時に材料粉末や切りくずが発火しやすい点、水と反応して不安定な水素ガスが発生 詳細表示

    • No:679
    • 公開日時:2019/02/27 16:32
    • 更新日時:2019/03/27 15:38
    • カテゴリー: ソリッド選定

22件中 11 - 20 件を表示