• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 製品別で探す 』 内のFAQ

98件中 1 - 10 件を表示

1 / 10ページ
  • NRTとHRTの違いは?

    共にめねじを塑性変形にて形成する、切りくずが排出されない溝なしタップとなります。 ニューロールタップはねじ部を研削で仕上げているのに対し、ハイロールタップは転造で仕上げています。 ハイロールタップは価格を安価で製作できますが、コーティングをする事は出来ません。 詳細表示

    • No:579
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/17 11:07
    • カテゴリー: ロールタップ
  • Aタップとは?

    切りくず処理性能に優れ、加工条件・加工材料への適応能力が高いタップです。▽参考資料:Aタップシリーズ 詳細表示

    • No:611
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • カテゴリー: Aタップ
  • インターラップ形

    インターラップ形と言い、加工中の切削抵抗など抑える役目を持つタップを言います。 特にステンレス加工に効果を発揮します。 ▽参考資料:  インターラップタップ  詳細表示

    • No:647
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/17 11:34
    • カテゴリー: 管用タップ
  • PTねじテーパ角度

    1/16テーパとなり3°34′47″となります。 片側の勾配角は、0.5/16となるので、1°47′23″となります。 ▽参考資料:  PT英式管用ねじ  詳細表示

    • No:645
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/17 11:36
    • カテゴリー: 管用タップ
  • CPM-TPTの山払いとは?

    CPM-TPTには加工深さの目安として、基準径位置から後ろ1刃山払い加工が施してあります。 基準径位置はあくまでも目安です。 目的はゲージが合格をすることですので、その位置を基準にして、調節することは必要です。 詳細表示

    • No:653
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/17 11:31
    • カテゴリー: 管用タップ
  • S-XPFでステンレスの切削条件

    加工負荷の少なさから、ステンレス加工では、従来品に比べ1.5倍程度の速さで使用が可能です。 ▽参考資料:S-XPF紹介 詳細表示

    • No:566
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/17 11:17
    • カテゴリー: ロールタップ
  • 転造タップ口元の盛り上がり

    転造タップの下穴面取りは60~70°としてください。 詳細表示

  • RH精度とは?

    OSGの溝なしタップシリーズ(ニューロールタップ、ハイロールタップ)は、塑性変形によりめねじを加工する為、切削タップと異なった厳しい下穴管理が必要となり、それに従いタップの精度も厳しく設定してあります。OSGでは、公差12.7μmの階段状の精度を採用しています。 ▽参考資料:  RH精度  詳細表示

    • No:578
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/03/22 11:57
    • カテゴリー: ロールタップ
  • 鋳物(FC)のタッピング<Aタップ>

    鋳物の加工では早期摩耗と、細かく砂状になる切りくずがAタップの食付き部を欠損させるため、お奨めしておりません。 詳細表示

    • No:621
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • カテゴリー: Aタップ
  • Aタップでのドライ加工

    油性切削油や水溶性エマルジョンタイプはOKですが、それ以外の潤滑性の乏しい水溶性油種やドライ加工は推奨できません。▽参考資料:Aタップ加工事例 詳細表示

    • No:595
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • カテゴリー: Aタップ

98件中 1 - 10 件を表示