• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

トップカテゴリ

『 タップの選定 』 内を 「 日常の校正作業は?<3Dセンサ 」 で文章検索した結果

6件中 1 - 6 件を表示

1 / 1ページ
  • 増径タップとは?

    ねじが得られます。また、作業条件などにより1本のタップで増径にする場合もあります。 タップ加工において、トルク負荷が大きく加工できない場合、以下の方法でトルク負荷を減らして加工することがあります。 ①食付き部長さが長いタップは、トルクが低い事を利用する方法。 ハンドタップの1番(食付き部 詳細表示

    • No:484
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2021/01/19 14:02
    • カテゴリー: 種類から
  • 首下長が長いタップとは ロングシャンクとは違う?

    深穴用(スリムシャンク)のEX-SSTがございます。タップの首径が、ねじの谷径よりも細くなっております。 多くのロングシャンクのタップは、首下長が通常の長さのタップと変わらない為、用途に応じた仕様が必要になります。 通常のタップでは首下が干渉してしまうタップ加工でも、EX-SSTでは形状的に干渉を避け... 詳細表示

    • No:527
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2022/04/20 18:41
    • カテゴリー: 用途から
  • 52~58HRCの高硬度材へのタップ加工

    52~58HRC材への加工には、超硬高硬度鋼用ハンドタップ「VX-OT」となりますが、手立ては欠ける可能性が高く推奨はいたしません。 VX-OT 推奨条件 使用機械:マシニングセンタ 切削速度:1~3m/min 切削油材:不水溶性切削油 ・ 超高硬度鋼用超硬タ... 詳細表示

    • No:521
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2022/02/07 11:13
    • カテゴリー: その他
  • 熱硬化性樹脂加工へおすすめのタップ

    ベークライトやエポキシなど熱硬化性樹脂のタップは、「EX-PLA-HT」をおすすめします。 ▽参考資料: 熱硬化性樹脂のタップ加工 詳細表示

    • No:513
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2022/07/15 15:47
    • カテゴリー: その他
  • ドリルタップとはどんな工具?

    ドリルタップとは、一本で下穴加工とねじ加工を行う工具です。先端のドリル部分でめねじの下穴加工をし、タップ部分でねじ立て加工を連続して行うタップになります。マシニングセンタを使用して、シンクロ機能にて加工される事をお薦めします。タッパでは滑ってしまう可能性があります。タップ、ドリル別々の条件設定での加工を推奨します... 詳細表示

    • No:485
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2022/06/13 17:08
    • カテゴリー: 種類から
  • シンクロタップとは?どんなタップですか?

    シンクロタップとは、1回転に1リード正確に送ることが出来る完全リード送り機構がついた機械(同期、リジット、ダイレクトともいう)専用のタップを言います。汎用のタップにはタップ自身で加工中の“自己案内性”を確保するために外周部にマージンが設けられますが、シンクロタップではそれを重視しなくてもよいので刃先から大きく逃が... 詳細表示

    • No:488
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2022/04/28 16:23
    • カテゴリー: 種類から

6件中 1 - 6 件を表示