• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

トップカテゴリ

『 タップの選定 』 内を 「 デジタルとそれ以外の機種の違いは?... 」 で文章検索した結果

9件中 1 - 9 件を表示

1 / 1ページ
  • 55HRCのタップ加工

    お勧め出来ません。 マシニングセンタを使用頂く事が必要であり、それ以外の機械では欠けが発生する可能性が有ります。 ▽参考資料: 高硬度鋼用超硬タップ 詳細表示

    • No:538
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/17 14:04
    • カテゴリー: 用途から
  • 溝なしタップとは

    ・ 転造タップの食付きを表す表現で、PとBがあるが、これは何? ・ RH精度とは? ・ めねじ精度とタップ精度(溝なしタップ:RH精度) ・ NRTとHRTの違いは? ・ FAQトップに戻る 詳細表示

    • No:7036
    • 公開日時:2020/03/18 16:58
    • 更新日時:2022/04/20 11:58
    • カテゴリー: 種類から
  • 一般用ハンドタップ HTのオーバサイズ

    EX-OSTが該当します。 他タップのオーバサイズでは品名はそのままで、OH精度やSTDの記号によるタップ精度の違いでの表現ですが、一般用ハンドタップ「HT」に限っては、上記品名になります。 ▽参考資料: オーバサイズ用ハンドタップ ▽参考資料: オーバサイズのタップと 詳細表示

    • No:500
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/12/23 13:54
    • カテゴリー: 種類から
  • HRC硬度からの工具選定

    目安がございますので、ご参考下さい。 SUS用や深穴用等の用途別工具には、硬度の他にも耐溶着性や刃先の切れ味等、その材質に合わせた仕様となっております。加工したい被削材に対して、近しい性質を持った被削材用の工具が適応する場合もあります。当然、専用で製作されたものと違い、切削条件、切削油、その他不具合に対する調整が 詳細表示

    • No:519
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2022/05/07 11:56
    • カテゴリー: その他
  • UNJF UNF 呼びとピッチがあえばタップは共用可能?

    れている精度のタップで出すには至難の業です。 3B狙いの精度でつくられたタップを使用したほうが不良が出ずに済みます。 ▽参考資料: UNFとUNJFの違い ▽参考資料: UNJF(3B)のタップ下穴 詳細表示

    • No:504
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2020/10/20 09:40
    • カテゴリー: ねじの種類から
  • 首下長が長いタップとは ロングシャンクとは違う?

    深穴用(スリムシャンク)のEX-SSTがございます。タップの首径が、ねじの谷径よりも細くなっております。 多くのロングシャンクのタップは、首下長が通常の長さのタップと変わらない為、用途に応じた仕様が必要になります。 通常のタップでは首下が干渉してしまうタップ加工でも、EX-SSTでは形状的に干渉を避け... 詳細表示

    • No:527
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2022/04/20 18:41
    • カテゴリー: 用途から
  • 52~58HRCの高硬度材へのタップ加工

    52~58HRC材への加工には、超硬高硬度鋼用ハンドタップ「VX-OT」となりますが、手立ては欠ける可能性が高く推奨はいたしません。 VX-OT 推奨条件 使用機械:マシニングセンタ 切削速度:1~3m/min 切削油材:不水溶性切削油 ・ 超高硬度鋼用超硬タ... 詳細表示

    • No:521
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2022/02/07 11:13
    • カテゴリー: その他
  • 熱硬化性樹脂加工へおすすめのタップ

    ベークライトやエポキシなど熱硬化性樹脂のタップは、「EX-PLA-HT」をおすすめします。 ▽参考資料: 熱硬化性樹脂のタップ加工 詳細表示

    • No:513
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2022/07/15 15:47
    • カテゴリー: その他
  • ドリルタップとはどんな工具?

    ドリルタップとは、一本で下穴加工とねじ加工を行う工具です。先端のドリル部分でめねじの下穴加工をし、タップ部分でねじ立て加工を連続して行うタップになります。マシニングセンタを使用して、シンクロ機能にて加工される事をお薦めします。タッパでは滑ってしまう可能性があります。タップ、ドリル別々の条件設定での加工を推奨します... 詳細表示

    • No:485
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2022/06/13 17:08
    • カテゴリー: 種類から

9件中 1 - 9 件を表示