• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

トップカテゴリ

『 ソリッド切削条件 』 内を 「 管用タップの工具径と配管規格 」 で文章検索した結果

3件中 1 - 3 件を表示

1 / 1ページ
  • FX-ZDSの下穴について

    FX-ZDSの場合は不要です。粉末ハイスのVP-ZDSの場合は、下穴の設定(工具径の70%程度)が目安です。 詳細表示

    • No:692
    • 公開日時:2019/02/27 16:32
  • 刃長の違いによる加工条件

    工具径に対し、突き出し量が長くなればなるほど、加工中にびびりやたわみが生じます。 条件を下げることで、びびりやたわみの原因となる力を減らすことができる為、 そういった現象を軽減する事が出来ます。 L/Dや刃長の違いによって、加工条件を調節する目安を下記リンクの資料にまとめました 詳細表示

    • No:691
    • 公開日時:2019/02/27 16:32
    • 更新日時:2019/03/27 15:23
  • テーパエンドミルの切削条件

    テーパエンドミルは、回転数を加工の大端で、送り量を小端で設定します。 例として、TPDS φ2×3°(小端φ2、大端φ3.89)※カタログ記載 参考にする条件は、2枚刃のスクエアエンドミル(EDS)のφ2から被削材別に選んでください。 送り量はφ2の数字。 回転数は 詳細表示

    • No:693
    • 公開日時:2019/02/27 16:32
    • 更新日時:2019/03/27 15:21

3件中 1 - 3 件を表示