• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 Aタップ 』 内のFAQ

47件中 1 - 10 件を表示

1 / 5ページ
  • A‐SFT‐HLの精度

    インサート挿入後2級6H狙いです。 詳細表示

    • No:630
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
  • A‐SFTの折損

    A‐SFTは深穴加工用ではありません。 被削材が炭素鋼で、ねじたて長さが径の2倍を超える場合は、MS‐DH‐SFTをお使いください。 ▽参考資料: 軟鋼・深穴用スパイラルタップ 詳細表示

    • No:629
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/16 16:50
  • 立ち壁や座ぐり穴の奥への対応<Aタップ>

    立ち壁付近や座ぐり穴の奥のタッピングでは、切りくずが干渉してシャンクに巻きつきます。 切削タップではなく、切りくずの出ない転造タップをご使用下さい。 ▽参考資料:低トルクで高寿命の転造タップS-XPFシリーズ 詳細表示

    • No:628
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/16 16:51
  • 切りくずのシャンク部への絡まり<Aタップ>

    Aタップシリーズは特殊な溝形状により、切りくずが径方向に排出されやすい為、シャンク部に絡まりにくくなっております。 ▽参考資料:切りくずの排出性に優れたAタップシリーズ 詳細表示

    • No:627
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/16 16:51
  • AタップのSUSへの対応<Aタップ>

    Aタップは一般的なSUS304やSUS410等のステンレスの加工は可能です。一部、時効処理後の析出硬化系ステンレスや2相ステンレスには、難削材用のCPMタップシリーズをお勧め致します。 ▽参考資料:Aタップシリーズ 詳細表示

    • No:626
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/16 16:52
  • Aタップの高硬度の被削材への対応<Aタップ>

    Aタップは、刃先の形状は鋭くなっておりますので、30HRCを超える高硬度材には向きません。刃先に剛性がある難削材用のCPMタップシリーズをお勧め致します。 ▽参考資料:Aタップシリーズ 詳細表示

    • No:625
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/16 16:53
  • Aタップシリーズとは?<Aタップ>

    Aタップは、強靭な母材に、さらに、耐熱耐摩耗性に優れたVコーティングを施した次世代のタップです。溝形状も、より排出性に優れた仕様となり、切りくずトラブルに大きな効果がございます。30HRC以下の幅広い被削材に対応します。 ▽参考資料:幅広い被削材と、幅広い切削条件で使えるAタップシリーズ 詳細表示

    • No:624
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/16 16:53
  • Aタップシリーズのオーバサイズ<Aタップ>

    ございます。Aタップのシリーズでは、幅広いオーバサイズの揃えがございます。 ▽参考資料:オーバサイズ充実のAタップシリーズ 詳細表示

    • No:623
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
    • 更新日時:2019/05/16 16:54
  • Aタップのシンクロ機能付きの機械での使用<Aタップ>

    使えます。ただ、15m/minを超える条件においてはシンクロ機能付きの機械での使用をお勧め致します。 詳細表示

    • No:622
    • 公開日時:2019/02/26 18:10
  • 鋳物(FC)のタッピング<Aタップ>

    鋳物の加工では早期摩耗と、細かく砂状になる切りくずがAタップの食付き部を欠損させるため、お奨めしておりません。 詳細表示

    • No:621
    • 公開日時:2019/02/26 18:10

47件中 1 - 10 件を表示