• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

トップカテゴリ

『 ドリル加工 』 内を 「 工具の硬さと被削材の硬さの関係 」 で文章検索した結果

15件中 1 - 10 件を表示

1 / 2ページ
  • A5052切屑での穴傷<座ぐり>

    A5052のような展延性のある被削材では、ステップ以外での切屑が分断ができません。 G73 ピックフィードで工具を加工面から離す事で、切屑を細かく分断して加工して下さい。 詳細表示

  • 折損タップ除去用工具EX-H-DRLでドリルを除去できるか?

    お奨めしておりません。 ドリルとタップでは、被削材に食い込む箇所が異なります。 折れ込んだドリルは、芯を除去してもタップのように外すことができません。 ドリルが折れ込んだ際は、放電加工等の方法をお勧め致します。 ・ドリルの質問一覧に戻る 詳細表示

  • 折損タップ除去用の工具は?

    折損タップ除去用ドリル「EX-H-DRL」(別名:ハードドリル)をお使い下さい。折れ込んでしまったタップの形状及びサイズにより、使用するドリル径をお選び頂きます。 折損タップ除去用ドリル(ハードドリル)カタログページ あくまで切削タップの除去用とお考え頂き、超硬タップや転造タップには使用出... 詳細表示

  • 面取りを兼ねたセンタリング

    <加工例> 被削材AC4B φ5.5 EX‐GDR使用。条件表の真ん中程度でライフルマークがでた。条件替えたが同じ。センタードリル面取り兼用90°穴位置公差は厳しくない。 <対応> センタ-なしで面取りを後に回してください。 ドリル中心が当たらず肩からあたって振れています 詳細表示

  • 座ぐりの奥に穴あけがある場合の加工手順

    くずは、被削材を傷つけたり、工具に絡まり連続加工が難しくなる原因となります。 先に座ぐり加工を行っておけば、 φ4.5のドリル加工もφ8の座ぐり加工も、切りくずが伸びずに安定した加工を行うことができる訳です。 詳細表示

  • センタリングをしているのに穴位置が不安定になる。穴位置精度をよくする為には...

    ドリルの肩から被削材に当たりはじめると、うまく穴位置を出すことができません。 不具合事例 先端角90°のスターティングドリルで面取りを兼ねたこの後のドリル径よりも大きいセンタリング その後、120°の先端角のドリルで加工する この場合、120°のドリルは肩から当たりはじめ、穴位置が不 詳細表示

  • ☆ ドリルに関する質問一覧

    の差 ・リーディングドリルとVカットエンドミルの使い分け ・穴の拡大 ・フラットドリルと先端角ありのドリルの使い分け ・刃先交換式のフラットドリルはある? ・3枚刃ドリルと2枚刃ドリルの違いは? < 被削材からの選定 > ・チタン材への穴あけ ・アルミ材への穴あけ 詳細表示

  • リーディングドリルの面取り角度

    ドリルの先端角は、必ずしもそのままワークに転写されるわけではございません。 口元の面取り角度は加工すると、ドリルの先端角よりも小さめになる傾向があります。 厳しい角度公差を求める場合は、それに合わせた特殊品対応が必要です。 当社営業へご相談ください。 ※ 工具の特殊品を依頼するにはどう 詳細表示

  • ドリル加工における穴拡大の原因と対策とは

    穴の拡大は、加工中の工具の振れ回りや振動によって発生します。 また、取り付け時の外周の振れが穴径や穴位置精度にも影響を及ぼします。 EX-GDRのように高剛性で高精度なドリルでも、取り付け時の外周振れが大きな状態で使用すれば、穴拡大、穴位置の悪化を引き起こします。剛性の低いドリルでは、更にこの傾向が 詳細表示

  • ドリル溝長の違いによる穴位置精度の差

    一般加工用ハイスドリルスタブ形のEX-GDSと、GDSより溝長が長いレギュラ形GDRを比較し、同材料にて同条件で加工した場合の穴位置精度の比較をしていますので、ご参考になさって下さい。 ▽参考資料: 穴位置精度の違い ・ドリルの質問一覧に戻る 詳細表示

15件中 1 - 10 件を表示