• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 業界初心者向け 』 内のFAQ

81件中 51 - 60 件を表示

6 / 9ページ
  • 電着

    電着とは、めっきによってダイヤモンドやcBNを表面に接着する技術の事です。 詳細表示

    • No:327
    • 公開日時:2019/02/25 16:39
  • ポイント溝とは?

    ポイントタップ先端の食付き部にある、ねじれと勾配をつけた溝のこと。二次溝ともいう。 詳細表示

    • No:8327
    • 公開日時:2020/11/19 09:15
  • ノーズ

    コーナのこと。 ノーズRは、コーナRを指します。 詳細表示

    • No:330
    • 公開日時:2019/02/25 16:39
    • 更新日時:2019/05/09 16:18
  • 長穴

    深さは一定で被削材表面に対して横に長さのある穴。 普通の丸い穴を、横に長く伸ばした形状です。 詳細表示

    • No:329
    • 公開日時:2019/02/25 16:39
    • 更新日時:2019/05/09 16:18
  • ツトケ

    通止(つうとめ) と 検査(けんさ)用の栓ゲージの略称。 オーエスジー独自の呼称です。 詳細表示

    • No:316
    • 公開日時:2019/02/25 16:39
    • 更新日時:2019/05/09 16:30
  • 切れ味と工具形状の関係

    工具の中心軸に対する刃の角度をねじれ角といいます。 ねじれ角を強く(=角度を大きく)すると、切れ味が良くなります。軟質材の溶着対策などに有効です。 反対にねじれ角を弱くすると、切れ味が落ちますが、工具の剛性は高くなり刃先強度が増します。 ねじれ角 詳細表示

    • No:8561
    • 公開日時:2021/01/26 14:30
    • 更新日時:2021/01/26 14:30
  • タップとは

    めねじを加工するおねじ形の工具です。 回転とねじのリードに合わせた送りによって、下穴にめねじを形成します。 代表的な形状には以下のものがあります。 ハンドタップとは ポイントタップとは スパイラルタップとは 詳細表示

    • No:8555
    • 公開日時:2021/01/26 14:08
  • J形シャンク(JISシャンク)とは?

    一般的なシャンクの太さは、タップよりもエンドミルの方が太く、タップでもエンドミルの太さのシャンクが採用されているもの(エンドミルシャンク)もあります。 シンクロタップは基本的にエンドミルシャンクが採用されおりミーリングチャックを使いますが、誤ってタップホルダを使い加工してしまうとめねじ拡大の原因にもなる為、誤使... 詳細表示

    • No:8362
    • 公開日時:2020/12/04 09:17
  • 加工環境とは?

    切削工具の加工に影響する環境とは、加工深さ、工具突出し量(アスペクト比、L/Dともいいます)、加工物の剛性、共振領域、工具自体の耐久性(工具材質)、使用する機械の主軸動力、機械剛性、油剤、ツーリングホルダの精度や剛性など、様々な要因を指します。 詳細表示

    • No:8351
    • 公開日時:2020/12/04 08:21
  • ドブめっき

    正式には、溶融亜鉛めっきともいいます。 作業の疑似表現から、ドブめっきと呼ばれています。 ドブめっきのめっき厚は50~100?。 タップについて、ドブめっき用のオーバーサイズには対応しておらず、特殊品対応となります。 詳細表示

    • No:328
    • 公開日時:2019/02/25 16:39
    • 更新日時:2019/05/09 16:19

81件中 51 - 60 件を表示