• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 業界初心者向け 』 内のFAQ

94件中 51 - 60 件を表示

6 / 10ページ
  • 被削材の特性と工具の選定

    切削工具の選定において、被削材の「硬度」と「じん性(粘さ)」がポイントとなります。 被削材の特性に合わせた工具のご選定に、カタログにて選定基準表をご用意しております。 ※被削材の種類性質によっては、 意図的にその被削材の性質に近い用途の工具を選定する場合がございます。 ... 詳細表示

    • No:8981
    • 公開日時:2021/04/27 10:35
    • 更新日時:2022/01/12 15:22
  • 有効径当量とは?

    ピッチ誤差又は半角誤差を有効径に換算した数値をいいます。 (JIS B 0101より) 詳細表示

    • No:8355
    • 公開日時:2020/12/04 08:25
  • 同期送りとは?

    回転と送りを管理できる加工機の機能のこと。 詳細表示

    • No:8363
    • 公開日時:2020/12/04 09:19
  • ツトケ

    通止(つうとめ) と 検査(けんさ)用の栓ゲージの略称。 オーエスジー独自の呼称です。 詳細表示

    • No:316
    • 公開日時:2019/02/25 16:39
    • 更新日時:2019/05/09 16:30
  • 焼入れとは?

    様々な手法、用途がありますが、主に鉄鋼製品の硬化を目的としています。 熱処理によって適切な温度に加熱した後、適切な方法で冷却(焼戻し)します。 例として、鉄鋼製品の内部まで硬化させる浸炭焼入れや、表面のみ硬化させる高周波焼入れ等があります。 詳細表示

    • No:308
    • 公開日時:2019/02/25 16:38
    • 更新日時:2019/05/09 16:38
  • 止り側ねじプラグゲージとは

    めねじの有効径を検査するおねじ形のゲージです。 規定内で止まれば有効径が大き過ぎないという点では合格し、通りねじプラグゲージとセットで検査し合格することでねじ精度が保証されます。 工作用と検査用の区別がある場合は、工作用は主に製造部門や出荷元で使われ、検査用は主に検査部門や出荷先で使われます。 詳細表示

    • No:8874
    • 公開日時:2021/04/09 09:21
  • すくい面とは?

    図の赤色の範囲がすくい面となります。 すくい面 詳細表示

    • No:8558
    • 公開日時:2021/01/26 14:27
    • 更新日時:2021/01/26 14:38
  • タップの加工環境と高速加工対応

      シンクロタップ シンクロタップ (J形シャンク) Aタップ その他 タップ型番 HS-SFT・HS-RFT・(VP-NRT) HS-LT-SFT・HS-LT-RFT・(VP-LT-NRT) HS-AL-SFT・HS-AL-RFT・HS-AL-NRT US... 詳細表示

    • No:8364
    • 公開日時:2020/12/04 09:22
    • 更新日時:2021/01/12 11:45
  • 送りとは?

    送りを表す単位は以下があります。 ・送り速度 Vf(mm/min)・・・テーブル送り、F送りともいいます。  Vf=fz×z×n で求めることができます。 ・送り量 f(mm/rev)・・・1回転当たりの送りともいいます。  f=Vf/nで求めることができます。 ・1刃当たり... 詳細表示

    • No:8486
    • 公開日時:2021/01/13 10:16
    • 更新日時:2021/01/13 10:17
  • エンドミルとは?

    外周と端面(つまりエンド)に刃を持つミーリング工具のこと。 加工形状により、スクエア、ボール、テーパ、ラジアス、ラフィングなどの形状があります。 刃部からシャンク部までが一体構造のソリッドタイプや、刃先交換式のインデキサブルタイプがあります。 エンドミルの用途の詳細は、産業ソリュ... 詳細表示

    • No:8357
    • 公開日時:2020/12/04 08:26
    • 更新日時:2021/07/14 10:50

94件中 51 - 60 件を表示