• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 タップ基礎 』 内のFAQ

70件中 41 - 50 件を表示

5 / 7ページ
  • ユニファイねじ切削タップ下穴径

    下の資料になります 切削タップ用 詳細表示

    • No:8172
    • 公開日時:2020/10/28 13:48
    • 更新日時:2021/11/11 14:54
  • ハンドタップ(HT)でのめねじ形状不良

    ねじ山の表面がガサガサ(むしれ)だったり、欠け(かじり)対策 ・ めねじのむしれ・かじり対策 止まり穴の加工で有効ねじ長がねじ径の1.5倍超えている場合は、切りくずつまりが発生しやすいです。その場合は、切りくず排出性に富んだ深穴用スパイラルタップ、もしくは、切りくずを出さない溝なし... 詳細表示

    • No:9042
    • 公開日時:2021/05/10 13:40
    • 更新日時:2021/11/02 17:17
  • タップのねじれ角の違いについて

    下記資料をご覧ください 詳細表示

    • No:8236
    • 公開日時:2020/11/05 07:28
    • 更新日時:2021/11/10 14:18
  • POTのステップ加工を推奨するか

    逆転時に切りくずがタップに噛みこんでしまう為、推奨しません。 これは、「下穴は貫通しているが、ねじが途中までのねじ加工においてポイントタップを使用すると切りくずが噛みこみを起こす」という場面と同様の現象が発生します。 参考FAQ : 下穴貫通でねじが途中までの加工 詳細表示

    • No:8012
    • 公開日時:2020/09/29 08:35
    • 更新日時:2021/06/16 13:31
  • 窒化処理 とは

    下記参考資料をご覧ください。 ・窒化処理 詳細表示

    • No:7990
    • 公開日時:2020/09/28 07:42
    • 更新日時:2020/09/28 14:42
  • 溝なしタップ NRTとは XPFとは

    切りくずが出ないタップをOSGの商品名でNRT、S-XPFと呼びます。被削材を盛り上げて(塑性変形)ねじを作るタップになります。 詳細表示

    • No:7939
    • 公開日時:2020/09/24 08:25
    • 更新日時:2021/11/05 08:17
  • ポイントタップ POTとは

    通り穴用のタップになります。ストレート溝だが先端にポイント溝(二次溝)が付いています。 基本的に切りくずは前方に排出されます。 食付きは通常5山になります。 詳細表示

    • No:8068
    • 公開日時:2020/10/07 07:38
    • 更新日時:2021/07/14 13:05
  • ねじ口元の倒れ

    フローティングタッパーを使用して加工後、タップを抜く際、タッパーの縮んだ分が解放され、口元のねじ山を奥に倒してしまう事で通リ側ゲージが入らなくなる場合があります。 対策 ・ホルダー圧縮ばねを強くする。 ・加工機械のシンクロ機能を使用する。 詳細表示

    • No:8217
    • 公開日時:2020/11/04 07:44
    • 更新日時:2021/11/11 14:07
  • スパイラルタップ SFTとは

    止り穴用のタップです。一般的に右ねじれで切りくずはシャンク側へ排出される。食付きは通常2.5山です。 詳細表示

    • No:7938
    • 公開日時:2020/09/24 08:21
    • 更新日時:2021/07/14 13:08
  • 管用テーパタップ TPTはステップ加工が出来るか

    タップでのステップ加工は、ドリルと違い切りくずがタップねじ部に噛みこむ為、 推奨しません。また、管用テーパタップでステップ加工を行う場合、一旦加工点から離れて、再度加工する際に接触する面積が大きく、振れなどの不安定な挙動を起こしやすくなってしまいます。そのため、管用テーパタップの加工はノンステップで加工することを... 詳細表示

    • No:8923
    • 公開日時:2021/04/22 07:33

70件中 41 - 50 件を表示