• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 タップ基礎 』 内のFAQ

70件中 31 - 40 件を表示

4 / 7ページ
  • タップが溶着している時の対策とは

    溶着の原因としてはタップの切れ味不足や切削油は刃先にうまく浸透しない為、摩擦熱が過大になった事が考えられます。 対策としては ・不水溶性油や水溶性切削油であれば10倍よりもに濃度を上げます。 ・タップを切れ味の良いタップにします。 ・溶着防止の為ホモ処理やコーティングを追加します。 詳細表示

    • No:8213
    • 公開日時:2020/11/04 07:26
    • 更新日時:2021/11/11 14:11
  • オイルホールタップとは

    ・タップ本体に油穴があり、直接刃先に切削油がをかける事が出来るタップの事です。 ・タップの冷却効果、潤滑効果と切りくず排出効果が向上します。 詳細表示

    • No:9053
    • 公開日時:2021/05/10 14:46
  • ポイントタップ(POT)でのめねじの形状不良

    ・ねじ山の表面がガサガサ(むしれ)だったり、欠け(かじり)対策の場合はこちらです。 リンク ・ねじ山がやせ(山やせ)を起こしている可能性がある場合はこちらです。 リンク ・切りくずの噛み込みもみられる場合はこちらです。 リンク 詳細表示

    • No:9041
    • 公開日時:2021/05/10 13:36
  • タップ摩耗大 対策

    タップ選定の選定は良いか、切削条件は適正か確認ください。 対策としては ・切削速度を下げます。 ・下穴径は公差の可能な限り大きくします。 ・切削油を油性にします。(水溶性なら10倍より濃度を上げます。) ・コーティングを追加します。 ・下穴の加工硬化を抑制します。 詳細表示

    • No:8216
    • 公開日時:2020/11/04 07:39
    • 更新日時:2021/04/26 14:29
  • シンクロ とは 同期 リジット ダイレクトとは

    加工機械で1回転1リード(ピッチ)強制的に送る事が出来る事になります。 詳細表示

    • No:8244
    • 公開日時:2020/11/05 12:59
    • 更新日時:2021/04/26 14:11
  • ユニファイ転造タップ下穴径

    下の資料になります 詳細表示

    • No:8173
    • 公開日時:2020/10/28 13:50
    • 更新日時:2021/11/11 14:48
  • 転造タップの欠け、折損対策

    以下の項目をご確認下さい。 ・タップが被削材にあっているか確認して下さい。 ・切削油の潤滑性を上げて下さい。(水溶性なら油の濃度を上げます。) ・下穴は適正か(公差内で出来るだけ大きくして下さい。) ・下穴の曲がりはないか、真円度は悪くないかを確認して下さい。 ・切削速度は適正か確認しましょう 詳細表示

    • No:9045
    • 公開日時:2021/05/10 13:50
  • 航空宇宙用UNJねじ切削タップ下穴径

    下の資料を参考ください 詳細表示

    • No:8174
    • 公開日時:2020/10/28 00:00
    • 更新日時:2021/11/11 14:16
  • WXコーティング

    下記参考資料をご覧ください。 ・WXコート 詳細表示

    • No:7988
    • 公開日時:2020/09/28 07:37
    • 更新日時:2020/09/28 14:46
  • 切削タップでの加工後、めねじ内径が縮小している

    ・切削タップの下穴は適正か ・切削タップの加工時のバリが原因の可能性があります。 対策としては切れ味のあるタップを使用する。 切削油を不水溶性油もしくはエマルションであれば10倍より濃くして頂く事を推奨します。 詳細表示

    • No:8927
    • 公開日時:2021/04/22 07:55
    • 更新日時:2021/04/22 08:01

70件中 31 - 40 件を表示