• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 タップ基礎 』 内のFAQ

70件中 21 - 30 件を表示

3 / 7ページ
  • 油溝とは

    転造タップについている溝の事になります。切削タップの場合は切りくずの排出と切削油を供給のために溝が付いてますが転造タップについている溝は切削油を供給する為のみについている為、油溝と呼ばれます。 詳細表示

    • No:8013
    • 公開日時:2020/09/29 08:43
    • 更新日時:2021/04/26 13:54
  • めねじの口元の拡大対策

    ・山やせの為拡大したと考えられます。 ・タップの選定は良いか、切削条件は適正か確認ください。 ・芯ずれによる拡大が考えられます。 詳細表示

    • No:8214
    • 公開日時:2020/11/04 07:33
    • 更新日時:2021/11/11 13:58
  • 管用テーパねじ加工で縦にスジが付く(ストップマークが付く)時の対策は?

    タップで加工する場合、正回転で加工後に逆回転でもどる為、必ず縦のスジ(ストップマーク)が付きます。 対策としてはスレッドミルで加工する事を推奨します 詳細表示

    • No:8922
    • 公開日時:2021/04/22 07:28
    • 更新日時:2021/12/01 15:02
  • HTとSFTのステップ加工出来るか

    タップでのステップ加工はドリルと違い切りくずがタップ ねじ部に噛みこむ為、あまり 推奨しません。しかしどうしても必要な場合は2.5Dまでノンステップそこから1Dステップを目安に加工ください。 詳細表示

    • No:8113
    • 公開日時:2020/10/15 07:08
    • 更新日時:2021/01/19 15:07
  • TiNコーティングとは

    下記参考資料をご覧ください。 詳細表示

    • No:7986
    • 公開日時:2020/09/28 07:33
    • 更新日時:2021/12/17 13:57
  • タップ加工の推奨切削油

    タップ加工推奨切削油は被削材や切削速度にもよりますが、不水溶性油(油性)を推奨します。 タップ加工において重視されるのは、切削油の潤滑性です。 エマルションの場合は濃度を10%以上に濃くしてください。 優先順位としては、 ①不水溶性油 ②エマルション(... 詳細表示

    • No:8115
    • 公開日時:2020/10/15 07:13
    • 更新日時:2021/11/02 17:05
  • ハンドタップ HTとは

    ハンドタップは、一番基本的なタップになります。溝はストレートになっており元々は手立てに使用する為、食付きが3種類があります。使い分けとして、通り用は食付き5P、止まり用は食付き1.5Pで使用されます。 9Pと5Pの使い分けとしては、昔はタップの母材が現在のものほど良くなかったことから... 詳細表示

    • No:7937
    • 公開日時:2020/09/24 08:19
    • 更新日時:2022/06/24 10:35
  • ねじレリーフとは

    タップの完全ねじ部は切削時の案内の役目をしているがタップと被削材との摩擦抵抗が上昇し、タップへ溶着やめねじ仕上げ面不良の原因になる為、タップのランド部が刃先から刃裏に欠けてわずかな逃げ加工が行われている状態になります。 詳細表示

    • No:7941
    • 公開日時:2020/09/24 09:22
    • 更新日時:2021/11/05 07:41
  • 転造タップでの加工後、めねじ内径が拡大している

    転造タップの下穴径は適正か確認ください。 転造タップ加工時に、盛り上げる量が足りず、ねじ山の山高さがねらいの範囲に至らなかったことが考えられます。 転造タップの下穴径表はあくまでも参考値です。 被削材によっては盛り上がり性が変わる為、下穴径を小さくする調整お願いします。 詳細表示

    • No:8925
    • 公開日時:2021/04/22 07:50
    • 更新日時:2021/04/26 14:21
  • Aタップ切削条件

    添付資料をご覧ください ・Aタップ切削条件 詳細表示

    • No:8245
    • 公開日時:2020/11/05 13:09

70件中 21 - 30 件を表示